「静岡的身体」に刻まれた味覚 教育学者・斎藤孝さん食の履歴書

白いイモをとろろと感じない。「とろろと言えば自然薯」と話す斎藤さん=片桐大輝撮影

教育学者の斎藤孝さんは大学進学で上京し、食べ物の違いに驚いた。自分の味覚や好みが、高校時代まで過ごした静岡で決定付けられていることをつくづく感じたという。体に刻まれた食の感覚とは。

食に対する感覚の違いを最も実感したのは、とろろだ。18歳で上京して間もなく、大学近くの飲食店で定食を注文した。長いもをすりおろした白いとろろを見るなり「これがとろろと言えるのか」とカルチャーショックを覚えたという。

静岡の実家で食べていたのは自然薯(じねんじょ)のとろろだった。近所に住む山田さんという男性が斎藤家によくお裾分けしてくれた。山田さんはごつごつした岩場に自生する天然の自然薯を根元深くまで折らないよう丁寧に掘り出す名人だった。

子どもたちがそれをすり鉢ですり、味噌汁に入れたり、そばにかけたりして食べた。東京の白いとろろと違って粘りがあり薄茶色。「東京でとろろを見るとよけいに自然薯が恋しくなった」

とろろ汁は静岡のご当地グルメの代表格。実家の近くには有名な「丁子屋(ちょうじや)」という店があり、家族でよく食べにいった。江戸時代から東海道丸子宿(まりこしゅく)のとろろ汁の茶屋として知られ、斎藤少年が愛読していた十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも丸子宿のとろろ汁の話が出てくる。

この地を訪れた松尾芭蕉は「梅若菜 丸子の宿の とろろ汁」と詠んだ。歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」には丸子宿のとろろ汁を売る茶屋が描かれている。学び、読み、食べながら、歴史、文学、食べ物、風土が混然一体となって体に刻み込まれていった。

「今でもむしょうに食べたくなり、とろろ汁を食べるためだけに東京から静岡へ車を走らせることもある」

食で戸惑ったのはとろろだけではない。静岡でおでんといえばイワシを骨ごとすりつぶして作った黒はんぺん。おでんだしの味も濃い。「東京のおでんの店で黒はんぺんが出てくると『なんだかいいな。懐かしいな』と感じる」。半面、関西風の薄味のおでんで白はんぺんを出されても、体の内側から湧き上がってくるような満足感はついぞなかった。

次のページ
名物・安倍川餅の老舗
エンタメ!連載記事一覧