縦長のシルエットを強調 ほっそりレイヤードにまとめて

クロスボディーポシェットはアクセサリーのように同系色で整えて

春アウターはブルゾン丈が多くなってきますが、寒さが戻る日もあり、ロング丈もまだ手放せません。着丈の長いアウターに、落ち感の強い小物や、長く垂らすディテールを組み合わせると、さらに縦長の印象を強められます。全体をすらりと見せたいときに使えるテクニックです。

着丈の長いアイテム同士を組み合わせる「ロング×ロング」のレイヤードは、細く長いシルエットを際立たせてくれます。トレンチコートの襟元にタートルネック・トップスをのぞかせ、裾下からはワイドパンツを見せるレイヤードは縦長シルエットを描き出す技ありコーデ。コートのベルトをだらんと垂らすことによって、落ち感がさらに高まる仕掛けです。

クラッチバッグのストラップを垂らして、落ち感を上乗せ

すらりとしたシルエットを引き立てるウエアにロング丈のジレ(ベスト)があります。両袖がないおかげで、シャープな印象がアップ。前を開けて着ると、レイヤードの効果が出て、さらに軽やかなスタイリングに仕上がります。

表面のシャイニーな光沢が存在感を強めています。装いを立体的に見せているのは、ダイヤモンド状の緻密なキルティング。身頃の正面を縦に長く走るファスナーも細長いイメージを増幅。脱ぎ着が手軽なベストは温度調節に向くアイテム。Tシャツやワンピースなどの上からサッと羽織るだけで、立体感と動きが生まれるので、ムードを変えたいときに重宝します。

次のページ
着丈バランスをチェンジ クロップド丈でエイジレスな