兵馬俑を埋めようとしたら兵馬俑が 新作づくりで妄想立川吉笑

始皇帝の兵士を陶器によって再現した「兵馬俑」(PIXTA)
始皇帝の兵士を陶器によって再現した「兵馬俑」(PIXTA)

緊急事態宣言下ということもあり、仕事以外の時間は基本的に自宅にこもっている。本を読んだりYouTubeを見たり、もちろん落語の稽古をしたりと、ステイホームで自宅時間ばかり過ごしていると、困るのはこの連載で書くべき出来事が何も起こらないことだ。

最近一番心が動いた出来事は「冷凍のチャーハンは、凍っている時はボリューミーに感じるけど、火を通したら随分かさが減るのだなぁ!」ということ。とてもじゃないけど、それだけで一本の原稿を仕上げることはできない。ということで今回は珍しく本業について、つまりは落語について書く。

君の僕と僕の僕のズレ

僕は古典落語もやるけど、割合としては新作落語をやることの方が多い。なので、常に何かしら「次はどんな落語を作ろうかな」と考えながら日々を過ごしている。気に留まった出来事や言葉をメモしておいて、そこから感覚に身を任せてネタに仕上げていく。

一番新しく作ったのは「乙の中の甲」というネタ。好きな作家さんのSNS(交流サイト)での言動に「まさか○○さんがそんなことを言うなんて」とがっかりすることがあった。僕の好きなその作家さんがそんなことを言うはずないとにわかに信じ難かったし、何かの間違いじゃないかと思った。そのとき、ふと面白いなと感じたのは、僕にとっては実在する作家さん本人よりも、僕のイメージの中の作家さんこそが、本当の姿なのだと思い込んでしまっていることに気付いたことだ。自分のイメージを信じているからこそ「まさかそんなことを言うなんて」と意外に感じ、がっかりできたのだ。

考えてみると、僕も後輩から「吉笑兄さんがそんなことを言うなんてがっかりです」と言われることがままある。というのも、これまでの僕の言動から多くの後輩が僕のことを「従来のルールをぶち壊して、新しい落語を切り開いていく尖(とが)った先輩」というふうに認識しているようなのだ。実際の僕は案外落語が持つ伝統性を重んじる保守的な面も色濃かったりするから、前のめりに「自分たちで時代を変えましょう!」みたいな血気盛んなことを言う後輩に対して「まぁまぁ」とたしなめたりする。そういうときに「まさか吉笑兄さんがそんなことを言うなんて」とがっかりされてしまう。彼らの頭の中の僕と、実際の僕にズレがあるのだ。

注目記事
次のページ
廃れた商店街が未来のために