コロナワクチン基礎の基礎 なぜ効くのか、副反応は?

写真はイメージ(c)Tridsanu Thopet-123RF
写真はイメージ(c)Tridsanu Thopet-123RF
日経Gooday(グッデイ)

2021年2月、ついに新型コロナウイルスのワクチンが厚生労働省に承認され、まずは医療従事者への接種が始まった。本格的な普及を前に、2月9日に川崎市健康安全研究所長の岡部信彦さんがメディア向けに行った講演「ワクチンとは? コロナ禍において、いまいちどワクチンを学ぶ」(主催・日本製薬工業協会)から、ワクチンの基礎知識を改めて確認しておこう。

体内で抗体を作って発症を防ぐ

2月14日、厚生労働省は米ファイザー社が開発した新型コロナウイルスワクチンを特例承認した。これを受けて17日から医療従事者への先行接種がスタート。4月から高齢者への接種が予定されている。すでに厚生労働省では、ファイザー社から1億4400万回分、英アストラゼネカ社から1億2000万回分、米モデルナ社から5000万回分のワクチンを購入する契約を締結している。

あるウイルスに一度感染すると、体内でそのウイルスに対する免疫ができることで再びかかりにくくなる。ワクチンとはこの人体のメカニズムを利用したもので、感染症の病原体(ウイルスや細菌)に対する免疫をつけたり強めたりすることで、個人の発症や重症化、社会での感染症の流行を予防しようというものだ。

「1796年に英国の医学者エドワード・ジェンナーが世界で初めて天然痘の予防接種(種痘)を行いました。日本では1849年に佐賀藩が行い、1858年にお玉ヶ池の種痘所ができた。その後、予防接種が普及したことによって天然痘という病気は根絶されました。同じく、ポリオや麻疹(はしか)も日本ではほぼなくなっています」(岡部さん)

ご存じの通り、ワクチンを打てば絶対にその感染症にかからなくなるわけではないが、発症率が下がり、また、感染した場合でも重症化を防ぐ効果が期待できる。

例えば日本では年間100人ほど破傷風にかかる人がいるが、そのほとんどは活動量が少なく、野外でケガをしにくいはずの60代以上だ。この世代は子どもの頃に破傷風のワクチンを打っていないことが原因と考えられている。

メッセンジャーRNAワクチンとは?

講演する岡部氏

従来のワクチンは大きく生ワクチンと不活化ワクチンとに分けられた。生ワクチンとは、ウイルスや細菌を培養する中で得られた毒性の弱いもの。不活化ワクチンは感染力をなくした病原体を使って作られる。同じ病原体でも、生ワクチンが生きた病原体を使うのに対し、不活化ワクチンは「死菌ワクチン」とも呼ばれ、死んだ病原体を使う点が異なる。

どちらを作る場合でも、まずは対象となるウイルスや細菌の培養から始めなければならない。「それにはたいへんな時間がかかる。そのため、今回の新型コロナワクチンの開発には新しい手法が使われました」と岡部さんは話す。

ファイザー社の新型コロナワクチンは従来の生ワクチンや不活化ワクチンとは違う「メッセンジャーRNAワクチン[注1]」と呼ばれるタイプだ。

新型コロナウイルスは表面にスパイクたんぱく質という突起がついていて、これが人の細胞に侵入するカギになっている。今回承認されたメッセンジャーRNAワクチンを接種すると、体内でこのスパイクたんぱく質に対する抗体が作られ、ウイルスが細胞の中に入れなくなる。

メッセンジャーRNAとは、細胞の中でアミノ酸からたんぱく質を組み立てるための設計図。ワクチンを接種すると、スパイクたんぱく質を作るメッセンジャーRNAが免疫細胞である「マクロファージ」に取り込まれ、スパイクたんぱく質に対する抗体が作られるというわけだ。生きたウイルスを体内に入れるわけではないので感染症の症状が起こる危険はないし、メッセンジャーRNAは1週間程度で自然に消えるのでヒトの遺伝子に影響を及ぼす可能性もなく、安全性は高いという。

[注1]メッセンジャーRNAは「mRNA」とも表記される。新型コロナワクチンには、メッセンジャーRNAワクチンのほか、「ウイルスベクターワクチン」も開発されている。ウイルスベクターワクチンは、ほかのウイルスの中に遺伝子を組み込んで、それをワクチンとして使う方法。英アストラゼネカ社のワクチンはウイルスベクターワクチンだ。

次のページ
これまでに報告された「副反応」
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント