これまでに報告された「副反応」

新型コロナのワクチンは、これまで70カ国で約1億5000万回接種された実績がある。4万3448人が参加した治験によると、発症率が95%低くなることが確認された。これは、発症率が20分の1にまで抑えられた計算だ(N Engl J Med. 2020;383(27):2603-15)。この予防効果はほかの病気のワクチンと比べても高い。対象は16歳以上で、3週間空けて2回接種することになっている。

効果は確かだとしても、多くの人が気にしているのは「副反応」だろう。岡部さんによると「どんなワクチンにも副反応はあり、平均して10万回に1回程度の割合で入院を要するような重篤な副反応が起こる」という[注2]

[注2]厚生科学審議会予防接種ワクチン分科会副反応検討部会資料によると、医療機関から重篤であるとして届けられた副反応疑い例(有害事象)は、一部の特殊なワクチンを除き、だいたいのワクチンにおいては平均すると10万接種あたり1前後の数字になる。

特に日本では1970年代以降、ワクチン接種によって脳炎や髄膜炎など深刻な副反応が起こり、国に対する訴訟が相次いだ過去があり、ワクチンの副反応を心配する人が多い。1994年には予防接種法が改正され、接種は「義務」から「勧奨」へ、「集団」から「個別」接種へと変わった。

「もちろん新型コロナウイルスのワクチンにも副反応は報告されていますが、今のところ急性の副反応で重篤なものは起きていません」(岡部さん)

米疾病対策センター(CDC)の発表によると、接種から1週間以内に起きた急性の副反応で最も多かったのは「接種部の痛み」で67.7~74.8%。以下、「だるさ」(28.6~50.0%)、「頭痛」(25.6~41.9%)、「筋肉痛」(17.2~41.6%)と続いている。なお、アナフィラキシー(急性のアレルギー症状)が起きる割合は20万人に1人だった。

ファイザー社の新型コロナワクチンを2回接種後、1週間以内に起こった副反応

(出典:CDC. COVID-19 vaccine safety update. January 27,2021)

正しい情報を集め、冷静に判断しよう

ワクチンで副反応が起こる原因として、WHO(世界保健機関)は「ワクチン成分に対する反応」「製造上の欠陥」「接種手技(方法)の誤り」とともに、「予防接種に対するストレス反応(ISRR=Immunization Stress-Related Response)」を挙げている。これは、(1)生物学的要因(2)心理学的要因(3)社会的要因――の3つの要因が組み合わさって心身の不調が起こること。年齢や体格などの条件が違うので、(1)の生物学的要因で不調が起こることがある。(2)は注射針への恐怖心や、薬に対する漠然とした不安などが影響するということ。(3)はソーシャルメディア(SNS)などからのネガティブな情報による影響のこと。これらが組み合わさって接種前後含めていろんな不調が起こるのは、医療者自身も理解しておかねばならないという。

「SNSでの噂などもISRRを広げる要因になる。ワクチンの不安や恐怖をやわらげるには、正確で丁寧な説明が必要です。日本ではワクチン接種は義務ではないので、打つのを嫌がる人に強制すべきではありませんが、正しく判断してもらうには正しい情報を提供しなければいけません」(岡部さん)

CDCが発表した新型コロナワクチンの副反応にしても、「半数以上に副反応が起こる」とも読み取れるし、「深刻な副反応はほとんど起こらない」とも解釈できる。重症なアレルギー反応である「アナフィラキシー」が起こる確率は極めて低いとはいえ、ゼロではないことも確かだ。

春以降、高齢者、その後、基礎疾患がある人に対して接種が行われることになる。今のうちに予防効果(ベネフィット)と副反応(デメリット)のバランスをじっくり考え、接種について自分なりの結論を用意しておきたい。

(文 伊藤和弘、図版 増田真一)

岡部信彦さん
川崎市健康安全研究所 所長。1971年、東京慈恵会医科大学医学部卒業。米バンダービルト大学小児科感染症研究室研究員、神奈川県衛生看護専門学校附属病院小児科部長、WHO西太平洋地域事務局伝染性疾患予防対策課長などを経て、2000年に国立感染症研究所感染症情報センター長に就任。内閣官房参与(感染症対策担当)、新型コロナウイルス感染症対策分科会委員なども務める。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント