ホンダ「Honda e」 かわいい車体が醸す安定感今回の目利き 米村太刀夫氏

ホンダからかわいい電気自動車(EV)が登場した。正式名称は「Honda e」。2020年8月に正式発表、発売は10月に開始されたそうだが、搭載する電池の生産量が少ないため注文に追いつかず、街中でこのクルマを見かけることは稀(まれ)である。

ホンダの電気自動車「Honda e」

モーターが後方に置かれたRR(後輪駆動)方式。乗用車がデザインで「かわいい」と言われることはあまりないが、このクルマの車体サイズはコンパクトであり、実際に「かわいい」ので好感度を持たれることは確かだ。

タイヤが車体の四隅にあり、オーバーハングが少ないのも安定感を醸し出している。EVはどの車種でも発進時の圧倒的な加速感に驚く。このクルマのモーターが発する最大トルクは、ガソリンエンジンなら3リットル並みだから当然かもしれない。ハンドリングは軽快で、タイヤの接地感が高いのがうれしい。RR構造の乗用車は加速時に前輪の荷重が減少するので、保舵(だ)力が低下することがあり、頼りない感覚になるものもある。しかしこのクルマは大型の電池重量の効果で、不安になる要素は全く感じられない。

米村太刀夫氏

乗り心地感は標準的であり、外観デザインから妄想するフランス車のような柔らかい「猫足」ではなかった。運転席に座ると、デジタル時代の自動車をほうふつとさせる、ディスプレー面積の大きさに驚いてしまう。ドアに取り付けられた超小型のカメラの映像は左右の比較的大きなディスプレーに映し出され、とても視認性が良い。

このクルマの乗車定員は4人で後席は2人に限られる。無理すれば後席を3人にできたのだろうが、あえて2人にしたことは良いことだ。それからEVで問題になる航続距離だが、スタンダードの車種が283キロメートル、アドバンスは259キロメートルと伝えられている。この数値は標準的なガソリン車と比較して半分を少し上回る数値だ。充電スタンドの箇所や充電時間を考慮すれば、このクルマは奥様用セカンドカーとして活躍するに違いない。

(自動車評論家)

[日経産業新聞2021年2月18日付]


MONO TRENDY連載記事一覧
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.