住生社長「創造性を生み出すため、働き方を変えたい」橋本雅博住友生命社長(下)

住友生命の橋本雅博社長
住友生命の橋本雅博社長

住友生命は2018年から働き方改革「WPI(ワーク・パフォーマンス・イノベーション)プロジェクト」に取り組んでいる。前回の記事「働き方で考課の逆転も 住生『時間当たり生産性評価』」では、なぜ人事制度を変え、生産性を評価する仕組みを導入したのかを聞いた。多様な人材を育てるためには働き方を変えなければならないという。引き続き、橋本雅博社長に聞いた。

本社の社員で生産性向上コンテスト

白河桃子さん

白河桃子さん(以下敬称略) 前回に引き続き、時間あたり生産性を入れた評価について伺います。管理職の評価法も変えたのでしょうか?

橋本雅博社長(以下敬称略) 2つの観点で見ています。一つは、残業時間の削減や休暇取得率といった定量的な面。もう一つは、数値には出にくい姿勢の面です。業務削減や生産性の向上、新たなITの積極的活用について、常にアンテナを張り、所管業務について工夫するよう所属長には伝えています。

意識醸成も兼ねて、社内からエントリーして本社所属の全職員が投票する企画として「生産性向上コンテスト」というものを2019年度に実施しました。例えば、事務業務のワークフローを簡略化して全社の業務効率を高めた一般管理部門のチームや、エクセルのマクロ作成技術を磨いてアプリを作成した資産運用部門のチームがこれまで表彰されています。26チームの応募があり、期待以上の盛り上がりを見せてくれました。

白河 全社を挙げて業務効率アップ、生産性向上に取り組む勢いが増しているということですね。他にも「社内電話の抑制、まずはチャットで」「予定の見える化と共有」など。こういった施策は、コロナ禍における業務推進にもプラスに働いたのではないでしょうか。

橋本 当社の場合、対面の営業業務がメインでしたので、お客さま対応が必要な営業現場や事務部門ではテレワークへの移行で苦労した面が多いのですが、コロナ禍において働く環境を変える必要があることを全員が認識できたことの意義は大きかったと思います。誰もが我がこととして同じ経験をしているのでわざわざ事例を引っ張り出して説得する必要がなく、改革を進めやすくなったのは追い風とも言えるでしょう。

白河 そこから先にはどんな取り組みを考えているのでしょうか。やはり、多様な人材の活用ですか。

橋本 おっしゃるとおりです。私は常々、「立派な会社人ではなく、立派な社会人にならなきゃダメだよ」と伝えています。社会と接点を持って多様な人と関わりながら多様な経験を積み、生きがいをもっていきいきと働く人には、人としての魅力が宿るものです。話題が豊富になり、コミュニケーション力も磨かれ、営業力にも直結していく。単に「住友生命です。保険に入ってください」ではお客さまの心は動かせません。人間的魅力を磨く時間をつくるためにも、働き方改革は必要なんです。改革を始めた当初、「若手が早く家に帰って、テレビばっかり見ているらしいけれど、そんなことでいいのか」という声もあったのですが、私は「テレビを見たら、(塾講師でタレントの)林修先生がいろんな教養を教えてくれるじゃないか。会社に夜中までいたって教われないだろう」と返したんですよ(笑)。人間の幅を広げるきっかけは、人によって違うものですし、何をするかは本人の自由ですよ。自分が過ごしたい時間の中でそれぞれが人間力を磨ける会社になれば、やがて社会に必要とされるような会社になっていく。私はそう信じているんです。

次のページ
チャラ男を生み出す会社にしたい