powered by 大人のレストランガイド

コロナと集中豪雨、2つの危機を乗り越え 八鹿酒造世界で急増!日本酒LOVE(30)

昨年の豪雨被害で廃棄処分となった焼酎の入った樫樽。製品化した場合、ひと樽500万円相当のものも
昨年の豪雨被害で廃棄処分となった焼酎の入った樫樽。製品化した場合、ひと樽500万円相当のものも

今なお続く新型コロナウイルス禍に加え、昨年7月、九州地方などを襲った集中豪雨被害のダブルパンチに見舞われた酒蔵がある。湯布院で知られる温泉地・大分県の南西部、九重町で酒造りを営む「八鹿(やつしか)酒造」がそれだ。これまで焼酎人気に押された時も、ピンチをチャンスに変えて、危機を乗り切ってきた。今回もその経験を生かし、ポジティブ思考で直面する課題にしっかりと挑んでいる。

八鹿酒造は1864年創業で、現在は六代目の麻生益直氏が経営している。全国酒類醤(しょう)油品評会で立て続けに優秀賞に輝くなど銘酒の蔵として知られてきた。

六代目の代になった1985年代(昭和60年代)は、全国的に清酒の消費量が下降気味となる一方、本格焼酎ブームが到来した。このピンチを、チャンスと捉え、銀座で粋に遊ぶ本物を知る大人たちのために洋スタイルの焼酎「銀座のすずめ」を考案。大ヒットさせたのが麻生社長である。現在も蔵の生産量の8割は焼酎が占め、残りが日本酒という九州らしい「焼酎兼業の蔵」だ。

八鹿酒造は息子で現在、専務の益寛さんと二人三脚で長年、酒造りに精を出してきたが、2020年はさすがに未曾有の一年だったようだ。「昨年来のコロナ禍で昨年4月と5月の売り上げが大打撃を受けました。地元の温泉宿や飲食店などへ卸している業務用酒と、ギフト用商品が見事にダメージを受けたからです」と麻生専務。

人気焼酎「銀座のすずめ」は全国展開していた分、落ち幅も大きく、日本酒の売り上げも著しく減少した。唯一、前年の売り上げを超えたのが、地元で愛されている「なしか!」。家飲みに適した20度900mlパック(税込み872円)などの麦焼酎で、持ち帰りやすいサイズや、後処理も便利なパック製品といった点が重宝されたようだ。

八鹿酒造の樫樽熟成の焼酎「銀座のすずめ琥珀(こはく)」(左)と2020年に「ワイングラスでおいしい日本酒アワード プレミアムスパークリングSAKE部門 最高金賞」を受賞した「八鹿 awa sake 白虹」

そこに昨年7月、熊本県を中心に九州地方などを襲った集中豪雨被害が追い打ちをかけた。大分県内の大小多くの河川も氾濫し、各地で洪水や土砂災害が発生。八鹿酒造も仕込み蔵などが泥だらけになり、一時停電も。コロナ感染予防対策にも配慮しながら、社員や地元のボランティアたちが連日、泥かき作業に従事、建物などへの被害総額は数億円以上に上ったという。

「一番ショックだったのがバーボンの樫樽です。その中には15年ものや18年ものなど熟成中の焼酎が入っており、製品化した場合、1樽で500万円もするものまで浸水してしまいました。全て廃棄するしかなく、痛恨の極み」と麻生専務は唇をかむ。

それでも、経営再建に向けて一刻の猶予はない。連日、筋肉痛になりながら泥などを撤去し、焼酎の瓶詰め工場を稼働させたのは、豪雨被害から1週間後のこと。「ただでさえコロナ禍で経営が厳しいのに、お中元シーズン前に欠品なんてありえない。意地でも出荷するぞ」と奮い立ち、社員一丸となり、生産を最優先させたという。

昨年11月時点では前年同月対比94.6%の売り上げまで戻ったが、コロナ前の売り上げにいまだ達していないのが現状という。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド