主演に定着する次世代俳優は? 赤楚衛二・清原果耶…特集 2021年の主役(1)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2021年に注目すべき若手を取り上げていく特集。第1回は2021年躍進が期待される若手俳優に焦点を当てる。

2020年は1月期の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で、横浜流星がGP帯(19~23時)の連続ドラマ初主演。7月にも『私たちはどうかしている』で再び主演を務めた。その『私たちはどうかしている』で、横浜とW主演だったのが浜辺美波。昨年はほかにも『約束のネバーランド』など、ドラマ3本、映画2本の主演作を数える飛躍の年となった。また、小芝風花はNHKの『トクサツガガガ』(19年)に続き、昨年は『妖怪シェアハウス』で民放連ドラ初主演。1月期も『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)で主役を務める。

彼らに続き、主演俳優として定着しそうなのは誰か。過去に主演経験を持つ俳優から、ステップアップが期待される若手を見ていく。

赤楚衛二 地元・名古屋でモデルとして活動後、15年に『表参道高校合唱部!』の合唱部員役で連ドラ初レギュラー。20年のドラマ&映画『映像研には手を出すな!』に、主人公と同じ高校のロボット研究部に属する小林役で出演。1994年3月1日生まれ、愛知県出身 (C)川原崎宣喜

初の単独主演連ドラが大きな話題となったのが、10月期の“チェリまほ”こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の赤楚衛二。30歳の男同士の恋を優しい目線で描いたラブコメディが評判となり、11月に発売した1st写真集は発売直後に2度目の重版。ドラマはアジア各国などでも配信される人気だ。浜辺美波・北村匠海・福本莉子との主演映画『思い、思われ、ふり、ふられ』で高校生を演じるなど振り幅も広く、次回作が期待される1人となった。

若手ですでに主演作が発表されているのが、神尾楓珠。19年の『左ききのエレン』で連ドラ初主演を果たしているが、イケメン高校生役がハマるそのビジュアルを生かして、2月からHuluで配信されている少女マンガ原作のラブストーリー『マイルノビッチ』で桜井日奈子の相手役を務める。

19年公開の初主演映画(松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィンと4人主演)『蜜蜂と遠雷』でピアニスト役をセンシティブに演じ、多くの映画祭で新人賞に輝いた鈴鹿央士は、青春群像コミックの実写化ドラマ『ホリミヤ』(MBS・TBS系/放送中)の主演に抜てき。優等生で明るい堀京子(久保田紗友)と徐々に距離を縮めていく地味でネクラな宮村伊澄を演じる。本作は2月に劇場版も公開されている。

今春スタートのNHK朝ドラ『おかえりモネ』で注目なのが、King & Princeのメンバーである永瀬廉。ヒロインの同級生で漁師見習いをしている及川亮を演じる。映画『弱虫ペダル』などの主演作を持つ彼が、俳優としての顔を広めることになりそうだ。

20年も『今日から俺は!!劇場版』『この恋あたためますか』など印象的な助演が多かった仲野太賀は、映画『静かな雨』、山里亮太が原作のドラマ『あのコの夢を見たんです。』などで主演。若き名バイプレイヤーから、徐々に主演としての存在感も高めている。

昨年の『SEDAI WARS』『ホームルーム』に続き、1月16日スタートの『ここは今から倫理です。』(NHK総合)で主演を務める山田裕貴も軸足を変えつつある1人だ。

注目記事
次のページ
10代女優は演技派が台頭