ひもより便利な「フリーロック」 見た目もユニーク

「レザーシューズ選びで最も重視すべきなのは履き心地です。足の形に合っていないものを選ぶと疲れやすいですから。フィット感を調整できるという点では、ローファーよりもひも付きのタイプがおすすめです」

東京都渋谷区富ヶ谷にあるセレクトショップ「PLAYGROUND(プレイグラウンド)」オリジナルのシューズブランドの一足。インソールには通気性に優れたコルク素材、アウトソールには耐久性やグリップ力に優れた「Vibram 132K」を採用している。pg / KNOCK 1万9800円(税込み)

そう語るのは、東京・渋谷にある「ZABOU(ザボウ)東京」の大井勇人氏だ。日本発のpg(ピージー)が手がけた一足を紹介してくれた。ダイヤルを回すだけでフィット感を変えられる「FREELOCK(フリーロック)」を採用している。

「もともとは医療用に作られた機構で、ワンタッチで履き心地を調整できます。ひも付きのシューズよりも、さらに快適なレザーシューズです」

ダイヤルを時計回りに回すとひもが閉まり、反対に回すと緩む
ワイドパンツにもよく合うボリュームのあるシルエット

武骨なチロリアンシューズと近未来的な「フリーロック」を掛け合わせたルックスもユニークだ。

「機能がデザインに直結した一足です。当店でも売れ行きがよく、この一足を目当てに来店されるお客様もいらっしゃいます。シルエットにボリューム感があるので、太めのカーゴパンツと合わせてもサマになりますよ」

トレーニングシューズの名作を上品にアップデート

「ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)」渋谷PARCO店の神原啓助氏にも話を聞いた。薦めてくれたのは、REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)の一足だ。

「見つけ出す:FOUND」「再現する:REPRODUCTION」をコンセプトに掲げるブランドの一足。1970年から80年代ごろまで西ドイツ軍が使っていた「ジャーマントレーナー」を元にデザインしている。REPRODUCTION OF FOUND / EX GERMAN TRAINER 2万3980円(税込み)

「西ドイツ軍のトレーニングシューズをモチーフにしています。当時の工場で生産されており、作りは本物に忠実。細かなアップデートとして、アッパーを同系色のカラーでまとめています。単なるレプリカにとどまらない魅力がある一足です」

アッパーがオールスエードのモデルも展開している

REPRODUCTION OF FOUNDは、近年ファッション感度の高い若者に人気のブランド。しかし、店頭では大人の客からも支持されているそうだ。

「コーディネートに取り入れやすい上品な見た目なので、30代や40代のお客様からも好評です。セットアップのちょっとした“外し”として取り入れてみてもいいと思います」

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram