東京・神宮前の「PDX TAPROOM 」ではオリジナルの容器でポートランドのクラフトビールがテイクアウトできる

筆者の家族が住むもう一つの拠点、米国・オレゴン州のポートランドは「クラフトビールの聖地」として知られる。市内だけでブルワリー(ビール醸造所)の数が70以上あるという。たいていのブルワリーにはパブが併設されており、「グラウラー」という持ち帰り瓶でテイクアウトができるほか、スーパ―マーケットの店頭にも驚くほどたくさんのクラフトビールが並ぶ。

ポートランドがある米北西部は、冷涼な気候で苦味や香りなどビールの風味を決めるホップが育ちやすく、水もきれいでおいしいビールができる条件に恵まれている。特にホップが効いて、香り高いIPA(インディアペールエール)は、辛党におすすめのクラフトビールだ。

東京・神宮前にある「PDX TAPROOM」では、そんなポートランドのクラフトビールが楽しめる。10種類のTAP(樽生ビール)のほか、瓶・缶のものも提供していて、テイクアウトやウーバーイーツによる宅配も可能だ。

オーナーの平松美幸さんは、留学先のポートランドで小規模ブルワリーが手掛けるクラフトビールの味に魅了され、お店を開店。ビールを通してポートランドのこだわりのカルチャーやライフスタイルに触れてほしいという。

アンテナアメリカでも人気のポートランドのデシューツのクラフトビール

もう一つ、アメリカのクラフトビールを幅広く手掛けるナガノトレーディングが経営する「アンテナアメリカ」は、300種類を超える米国に特化したクラフトビールが楽しめる店だ。缶・瓶で持ち帰りやホームページから発送の注文もOK。ホームページにずらり並ぶビールには、それぞれのアルコール度数やビールの苦味を示すIBU、味の特徴やブルワリーの歴史、思いなども記されており、読んでいるだけで米国ビール紀行を楽しんでいる気分になってくる。