デニムブーム再燃 合わせるならアメカジ「Uチップ」

LEON

2021/2/28
LEON

90年代ファッションがトレンドとして台頭したこともあり、注目度が高まりつつあるデニム。定番アイテムだからこそ、いまっぽく着こなすコツを押さえておきましょう。デニムに似合う短靴はズバリこれです!




親しみやすいから女子ウケもいい、最強の組み合わせです

若者はデニムを履かなくなった! 近頃ではそう叫ばれているようですが、今年は再びデニムブームがやってきそうな予感。で、90年代ファッションが再燃している昨今、デニムを履くならどんな靴を合わせるべきか。やっぱりスニーカー? いえ、それでは子供っぽくなりすぎてしまいます。そこでご提案したいのが“アメカジ感のある短靴”です。

ズバリ言えば、トゥがぽっこりしていてボリューム感のあるUチップ。コレなんです。あくまでもアメカジ“っぽい”ですから国籍は不問としますが、重要なのは、適度に清潔感があってフレンドリーで、ちゃんと男っぽいということ。こう書き出してみるとモテる男の三箇条みたいですけれど、実際にこのスタイル、女子ウケもバッチリなんです。

上品さとカジュアル感のバランスが大切です

シューズ8万6000円/トッズ(トッズ・ジャパン)、デニム3万1000円/ロンハーマン(ロンハーマン)、サファリシャツ13万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、タートル2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、スカーフ7800円/ヴィンセンツォ ミオッツァ(真下商事)

サファリシャツの軽快感を、適度に色落ちしたデニムが後押しするコーデは、中に着たタートルネックの白ニットも相まって大人感抜群。足元をブラウンの短靴にすることで、カジュアルながらも適度に上品さを残すことに成功しています。

【トッズ】技アリなステッチがデニムと調和

8万6000円/トッズ(トッズ・ジャパン)

上のコーディネートに合わせたのがこちら。モカ縫い部分の存在感あるステッチワークがアクセントとなったこちらは、クッション性のあるラバーソールで歩きやすさも担保。ソールも同色になっているところがポイントで、これにより絶妙なカジュアル感を演出してくれます。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram