「感覚的に」決める人の2タイプ

では実際に、転職の場面で、どのタイプがどのようなことになるかについて、見てみましょう。

先日も転職相談者との面談で、開口一番、このような話がありました。

「選考中はお会いした社長や役員の方々、皆さん、とてもよい人で、〇〇をお任せしたいという話だったんです。ところが入社してみたら、自分が思っていた職務内容とは異なることが多くて。これでは話が違うと思い、入社後間もないですが、転職活動を再開しました」

転職の失敗例としての最も多い「あるある」は、入社してみたら入社前に聞いていた・思っていたことと異なっていた、というものです。上記のケースでも、本人は「だまされた」と言っていました。しかし、本当にそうでしょうか。「選考中に、そのおっしゃっている職務内容などについては確認されたのですか?」と尋ねると、「いや、説明がなかったので」とのことでした。

入社して「聞いていない」「約束が違う」に陥る人は、「少ない情報」×「感覚的に」で決めているケースが大半です。確かにフィーリングとしてはよいものがあったのでしょう。また、自身の(言い方は悪いですが、勝手な)解釈としては職務なども期待通りと思えたのかもしれません。しかし、結局は、確認不足がもたらすミスマッチです。

このタイプの人は、面倒くさがらず、期待されている職務内容や、評価のされ方、年収の決まり方などについて、しっかり確認するようにしましょう。

一方で、「多くの情報」×「感覚的に」で決める人は、転職活動を長期漂流しがちです。あれやこれやと応募して、それぞれ見て、話が進んでも、「どうしよう。ここでいいのかな」と考えながら、また新しい求人に応募して。決め手に欠いたまま、応募先だけが増えていく。

スキルや専門性を重んじる企業からはオファーが出ますが、かたやマネジメントとしての価値観や志向の合致をしっかり見る企業では苦戦しがち。1次・2次面接には進んでも、最終面接では「本当に当社に入りたいのだろうか」「結局、何をしたい人なのかがよくわからない」というような企業側の判断でNGとなってしまいます。

このタイプの人には、感覚的でもよいので、「今回の転職は、このポイントで決める」というものを定めるようにしましょう。もう一つ、時間軸(意思決定の納期)を決めるという方法もありますが、こちらはタイムアップで意思決定したものの、ふたを開けてみたら(入社してみたら)自分の意に沿うものではなかったということが起きる可能性がありますから、あまりお勧めしません。

次のページ
「論理的に」決める人の2タイプ
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら