さまざまな用紙のスキャンに対応

iX1600は名刺からA4判用紙までの両面読み取りに対応する。スキャナーが用紙サイズを自動的に判別してくれるので、ムダな余白ができることがない。さらに、カラーとモノクロも自動で判別し、白紙は取り除いてくれる。

名刺をスキャンしても自動でサイズを認識する
大量のレシートもまとめて読み取れる

傾き補正や、用紙の方向の自動検出にも対応する。つまり、適当に紙をセットしてスキャンしても、後で修正する必要がないのだ。書類の文字列を認識してファイル名も自動で命名してくれる。名刺なら会社名+個人名のファイル名が付く。もちろん、OCR(光学式文字読み取り)なのでミスやエラーもあるが、片っ端から連番のファイル名が付く仕組みと比べるととても便利だ。

もちろん、A4判用紙のスキャンもできる

専用アプリが非常に便利

前述のように、iX1600は最初にパソコンと組み合わせて設定を済ませておけば、その後は単体で利用可能だ。専用のアプリ「ScanSnap Home」が非常によくできており、ユーザーが自分の好みで読み取り環境を設定できる。

専用アプリ「ScanSnap Home」でさまざまな設定ができる

例えば、名刺を読み取ったら自動的にクラウドストレージの指定したフォルダーに保存する――という機能を追加し、iX1600の液晶パネルにボタンとして登録できる。以降は名刺をセットしたら、そのボタンを押すだけで指定のフォルダーに保存されるというわけだ。

さらに、「ScanSnap Cloudに送る」という設定を利用すると、用紙の種別ごとに振る舞いを変更可能だ。例えば、名刺はノートアプリの「Evernote」に保存し、レシートはクラウドストレージ「OneDrive」の特定のフォルダーに格納するようなこともできる。つまり、名刺、レシート、書類、写真などは種別を意識することなく、セットしてボタンを押すだけで、勝手に仕分けしてそれぞれの最適なフォルダーなどに保存してくれるのだ。

スキャンする用紙に応じて振る舞いを変更できる
名刺とレシートで保存先を変えているのだが、自動的に判別していることがわかるだろう

iPadなどでも利用可能

この機能はユーザーごとに切り替えることも可能だ。1台のiX1600でScanSnap Homeのユーザーライセンス4人分が付属する。ScanSnap Homeは1ユーザーあたり5台のデバイスで利用できる。

アプリをインストールすれば、iPadやiPhoneなどからでも簡単にスキャンできる。パソコンがなくても、ボタンを押すだけで読み込んだ書類をiPadなどに保存できるわけだ。タブレットやスマートフォンから簡単にスキャンしてすぐに書類を持ち出せる。出先でPDFの資料を読むような使い方にはとても向いている。

もちろん、デバイスに保存せずに、OneDriveなどのクラウドストレージに保存したファイルをiPadから読み出してもよい。ユーザーが使いやすいようにさまざまな方法が用意されているのだ。

iX1600で惜しむらくは、機能が豊富すぎて全貌を把握・理解して使いこなすまでにちょっと時間がかかること。決して難しくはないので、一定のITスキルがあれば使いこなせるはずだ。

戸田覚
 1963年生まれのビジネス書作家。著書は150点以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。
MONO TRENDY連載記事一覧