powered by 大人のレストランガイド

リアルやお取り寄せで ガッツリ食べたい豚骨系の2杯

ラーメン激戦区の池袋で店を構える輝道家直系 皇綱家
ラーメン激戦区の池袋で店を構える輝道家直系 皇綱家

今年の1月に再発令された緊急事態宣言。当初は2月7日までとされていたが、3月7日まで延長となり、首都圏など10都府県ではいまだ「不要不急の外出自粛」で、巣ごもりの日々が続いている。

こんなときだからこそ私は、皆さま方に「このラーメンって、いかにもラーメンっぽいよね!」と感じてもらえる1杯を、お召し上がりいただくことを提案したい。

では「ラーメンっぽい」と感じる1杯とは、一体どのようなものだろうか。真っ先に思い当たったのが、ガッツリ度の高い豚骨ベースのラーメンだ。

外食の機会が激減している昨今、大多数の人が食べたいと感じるラーメンは、味の良しあしうんぬん以前に、ガツンと濃厚な1杯であるに違いないと私は思う。「外食に繰り出すのは時期尚早」とお考えの方も、「ラーメンをお取り寄せで食べるのなら、濃厚系が良い」と、思っておられ方も多いのではないだろうか。

うどん、ソバ、パスタといった他の麺類にはないラーメンならではの魅力。それは、ガツンと濃厚な味が満喫できるジャンルの1杯が存在することに他ならない。

というわけで、今回は「コッテリ豚骨系」ジャンルに絞り、外食の際にお勧めの優良店と、お取り寄せの優良店のラーメンをご紹介することとしたい。

◎輝道家直系 皇綱家(東京・池袋)

~昨年12月に満を持して開業。池袋で食べられる唯一無二の超本格派家系ラーメン!~

2021年現在、東京都内には「ラーメン激戦区」と呼ばれる地域がいくつも存在する。新宿、高田馬場、恵比寿、荻窪をはじめ、枚挙にいとまがない。

そんな激戦区の中でも、池袋は特に生存競争が激しいエリアとして知られる。地理的に「埼玉県の玄関口」という性格を強く帯びた池袋は、他の地域に先駆け、都内で勤務する人たちが、帰宅途中で手軽におなかを満たすことができる一般大衆向け飲食店の一大集積地となった。

中でもラーメン店は、一般大衆向け飲食店の代表格といっていい。優良店がきら星のごとく集い、その中でも更に選ばれた者だけが生き残ることが許される聖地と化すのも、当然の理といえよう。

『東池袋大勝軒』、『屯ちん池袋本店』、『瞠池袋店』、『馳走麺狸穴』、『麺屋Hulu-lu』といったそうそうたる顔ぶれを見ても、明らかだろう。どの店も、他の地域であればその地域の「顔」として、君臨できる実力派ぞろいだ。また、神田に1号店を置く『鬼金棒』、上板橋に1号店を置く『蒙古タンメン中本』など、都内にその名を轟(とどろ)かせる名店で、池袋に支店を構える店舗も少なくない。

池袋で成功することは、都内のラーメン店にとって目標であると言っても、過言ではないだろう。そんな池袋の地に2020年12月4日、1軒の新店が産声を上げた。それが、『輝道家直系皇綱家』である。

店舗は池袋駅の西口から徒歩2分程度の場所にある。まさに池袋のど真ん中といったロケーションにあり、オープン初日から大きな話題となった。

『皇綱家』の基本メニューは、豚骨醤油「ラーメン」だ

同店は、その屋号(店名に『家』の字が入る)からも推察できるとおり、『横浜家系ラーメン』と呼ばれる豚骨醤(しょう)油ラーメンを提供するお店だ。

店主の直江優真氏は、中野区野方の家系の実力店『輝道家(店主:菊地輝氏)』の下で研さんを重ね、今般、満を持して独立。『輝道家』と言えば、都内にある『家系』の店舗の中でも突出して濃厚、かつ、うま味豊かなスープを紡ぎ出す店として知られる。『皇綱家』は、そんな名店『輝道家』から「免許皆伝」を受け、直系を名乗ることを許された。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド