有森裕子 無月経に苦しむ女性アスリートをなくしたい

日経Gooday

無月経や貧血は、女性アスリートの健康管理の上で避けては通れない問題です。(C)puhhha-123RF
無月経や貧血は、女性アスリートの健康管理の上で避けては通れない問題です。(C)puhhha-123RF
日経Gooday(グッデイ)

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態を宣言してから、約1年がたちました。マスクをつけることが日常になり、さまざまな生活様式が変わる中で、マラソンのスタイルも変化を遂げています。

1月31日に開催された大阪国際女子マラソンでは、観客が集まらないように、公道ではなく長居公園内のアップダウンのない周回コース(約2.8km×15周)が採用されました。さらに、日本記録(野口みずきさんが2005年のベルリンマラソンで出した2時間19分12秒)を狙うために、川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)ら4人の男子選手がペースメーカーを務めるなど、今までのマラソンとは違う異例のスタイルになりました。

私も解説者として参加したこの大会は、東京五輪マラソン女子代表の前田穂南選手(天満屋)や一山麻緒選手(ワコール)が参戦することでも注目されました。レースはスタートからハイペースの展開となり、14km付近で前田選手が脱落してからは、一山選手の一人旅に。中盤以降、日本記録ペースから遅れて残念ながら新記録には至らなかったものの、一山選手が大会記録を7秒更新する2時間21分11秒で優勝し、2位に入った前田選手も、一つの目標であった自己ベストを更新しました。

ラスト1周でトラックレースのように鐘が鳴るなど、今までにないスタイルのマラソンを楽しんでくださった視聴者の皆さんも多かったのではないでしょうか。コロナ禍でスポーツを取り巻く環境が変化する中で、最大限できることを考えながら、少しでもランナーが実力を発揮できるように主催者が大会を構築していることが分かった特例であり、前例にもなり得るものだと思います。

女性アスリートが直面する「貧血」や「無月経」の問題を議論

さて話は変わりますが、昨年(2020年)12月に「第1回学生スポーツありもり会議」を開催しました。これは、私が副会長を務めるUNIVAS(ユニバス;一般社団法人大学スポーツ協会)[注1]が主催したオンラインイベントです。アスリートが抱えるさまざまな課題に対して、毎回、元トップアスリートや大学教授、医師、専門家などのゲストをお招きし、ディスカッションをしながら学生スポーツの課題解決のためのヒントを探っていきます。学生アスリートたちが安心・安全に競技に取り組める環境を作っていくことを目的としています。

記念すべき第1回のテーマは、「女性アスリートがコンディションを整え・維持していく上での課題の共有と対策」で、東北から九州にかけて30人(14大学、13競技)の女子学生が参加しました。ゲストに、元陸上長距離選手で順天堂大学スポーツ健康科学部教授・同大学女性スポーツ研究センター副センター長の鯉川なつえさんと、同大学の講師で、元陸上競技女子円盤投げ・ハンマー投げ選手の室伏由佳さんをお招きし、専門家の視点からのお話と、アスリート時代のエピソードや経験に基づいたアドバイスをいただきました。

[注1] 学生、大学、競技団体等の主体的な活動を支援し、大学スポーツをさらに大きく発展させるための活動を担うために2019年3月1日に創設された組織。

ディスカッションの内容は、やはり「貧血」や「月経痛」「PMS(月経前症候群)」「無月経」など、婦人科系の不調や体調管理の問題がメインに。激しいトレーニングで体を酷使する女子の長距離選手は特に、無月経になることが少なくありません。女性ホルモンが低下して妊娠しづらくなったり、骨密度が低下してケガにつながりやすくなったりするケースもあります。

また、白飯を極端に減らすなどの誤った食事制限がもとで、月経が止まってしまう選手もいます。残念ながら、勝利至上主義に走り、「体重さえ軽くなれば走れる」といった間違った認識で選手に減量を促し、過剰に管理しようとするコーチもいました。もちろん、明らかに太っていれば速く走ることはできませんが、しっかり筋肉をつけてケガを防ぎながら全力で練習に取り組むためには、炭水化物を抜いて食べる量を極端に減らすような食事ではなく、栄養バランスが整った食事を3食しっかり取ることが重要になります。自分の体をいたわり、大切にして初めて、十分な力を発揮して走ることができるのです。

次のページ
「月経」について話しにくい状況を変えたい
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント