撮る望遠鏡 キヤノンPowerShot ZOOMがヒットの勢い

キヤノンの望遠鏡型デジカメ「PowerShot ZOOM」。実勢価格3万5000円前後(税込み)
キヤノンの望遠鏡型デジカメ「PowerShot ZOOM」。実勢価格3万5000円前後(税込み)
日経トレンディ

たったの6時間50分で1000台が即完売――。クラウドファンディングサイトのMakuakeで、応募購入総額3000万円突破の最速記録をたたき出したキヤノンの新型デジカメ「PowerShot ZOOM」。2020年12月10日に一般販売を開始すると、発売週の販売台数シェア(調査会社のBCN調べ)はコンパクトデジカメの中で6位にランクインし、カメラジャンルで久々のヒット商品に成長しそうな勢いを見せている。

PowerShot ZOOMは、望遠鏡のようにファインダーを片目でのぞき込み、見ているものをボタンひとつで標準(焦点距離100ミリメートル。以下、35ミリメートル判換算)、4倍(同400ミリメートル)、8倍(同800ミリメートル。デジタルズーム)と切り替えてズームできる新コンセプトのカメラ。光学式手ぶれ補正機能を搭載し、被写体にズームしたまま静止画や動画の撮影も可能。まさに「撮れる望遠鏡」だ。リモート撮影や画像転送など、スマホとの連係もサポートされている。

縦長スタイルを採用したボティー。ファインダーをのぞきながらでも操作できるよう、上下にボタンを配置している

開発のきっかけとなったのは、同社が長年培ってきた一眼カメラの交換レンズ的な発想だ。「カメラはレンズを変えれば写真の表現や撮影できる範囲も大きく変わる。ただ、標準や広角での撮影をカバーするスマホは増えつつあるが、望遠で撮影できるものはまだ少ない。そこで、気軽に望遠を楽しめるコンパクトなカメラを作れないかと考えたのが発想の原点」(キヤノン・イメージコミュニケーション事業本部ICB事業統括部門・課長代理の島田正太氏)。

同社の手ぶれ補正付き双眼鏡の思いもよらぬヒットもヒントとなった。発売から10年近くもたった双眼鏡製品の売れ行きが、15年ごろから急速に伸長。要因を調べてみると、ドーム球場やスタジアムなど収容人数が大きい会場でコンサートを行うことが多いジャニーズのファンを中心に、「手ぶれ補正付き双眼鏡で『自担』と目が合った」「ステージから一番遠い『天井席』でも表情や汗までよく見えた」「コンサート必須の『神アイテム』」といったような口コミがSNS(交流サイト)から拡散していることが判明した。同社はそうした層に向け、手が小さい女性でも扱いやすい世界最軽量(発表当時)の手ぶれ補正付き双眼鏡を19年9月に新たに開発。高機能ながらも10万円を切る価格で大きな支持を得た。「従来のようなバードウオッチングや天体観測以外にも、遠くを見て楽しむというニーズには訴求次第でまだ何かできるはず、と大きな参考になった」(島田氏)という。

斬新な形状を生み出した「積み木合宿」とは

キヤノンの既存製品ではあまり行われていなかった開発プロセスが取り入れられたのも特徴だ。同社の製品は発表会のタイミングで初めて公開されることが多かったが、PowerShot ZOOMは約3年前に米国で行われた世界最大級の国際展示会「CES 2018」からプロトタイプやモックアップなどを積極的に出品。来場者の反応や意見をヒアリングし、製品開発にフィードバックするオープンスタイルを採用した。「展示会での顧客検証と、それを基に開発するというサイクルを何度も繰り返して少しずつ最終形に近づけていくうちに、『撮れる、望遠鏡』というコンセプトに対する大きな需要があるということが確信に変わった」(島田氏)。

初期のプロトタイプ。横長の四角形モデルだったが、手ぶれが少なく疲れにくい持ち方を考慮して最終的に縦型になった

プロトタイプを作るためにデザイン、開発、企画部門が一体となりユニークな合宿も行われた。例えば「積み木合宿」では、既存のカメラをレンズ、センサー、バッテリーなど最小単位のパーツにまで分解。「積み木のように実際に手を動かしながら様々な組み合わせを何度も試行錯誤し、新コンセプトの撮影スタイルに見合う形を探求した」(キヤノン・イメージコミュニケーション事業本部ICB開発統括部門・主任研究員の深井陽介氏)という。

PowerShot ZOOMを正面から見るとレンズが右側に寄っていることが分かるが、これはズームレンズの鏡筒部分の真横にバッテリーを配置しているため。従来のカメラでは考えられない斬新なレイアウトは、PowerShot ZOOMが積み木合宿からヒントを得てゼロベースで設計された証しでもある。

その他、既存の製品をカスタマイズしたデバイスを用いて、「気軽に望遠で撮影する」というスタイルにどのような不満やストレスが生まれるのかを疑似体験して検証する「撮影合宿」や、近年増えている野球や競馬の女性ファンなど、様々な利用シーンを深掘りしてキャッチコピーを練る「架空のカタログ制作合宿」なども行われたという。

PowerShot ZOOMを真正面から見ると、レンズが右に寄っていることが分かる
最小単位まで分解したデジカメのパーツをゼロから組み合わせ、新しい撮影スタイルを探求した「積み木合宿」の様子
次のページ
なぜステップズームを採用したか
MONO TRENDY連載記事一覧