「おじさんぽい」は生地のせい チノパン差がつく1本

ファッションアイテムとして「定番」のチノパン。さまざまな素材やデザインの商品がある
ファッションアイテムとして「定番」のチノパン。さまざまな素材やデザインの商品がある

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では「アウター」や「シューズ」のほか、「パンツ」カテゴリーの記事がよく読まれていた。

「パンツ」に関連する記事の内容をみると、「デニム」と並んで「チノパン」が頻出語となっていた。今回はチノパンについて取り上げる。

長らく続いたストリートブームの反動で、テーラードジャケットや革靴といったトラディショナルなアイテムに注目が集まっている。80年代に流行した「プレッピースタイル」の必需品であるチノパンもその例だ。男性の多くが1本は持っている定番アイテムだが、今年手に入れるならどのようなデザインやシルエットがおすすめだろうか。FACYに登録する各店に聞いた。

ドレッシーな生地が魅力 シルエットは革靴と相性抜群

「そもそもチノパンはとても懐の深いアイテムです。学生の“ファッション入門”的なアイテムでありながら、40代、50代にとっての定番でもある。一番長く付き合うパンツと言えるかもしれません」

そう語るのは、大阪市にある「VELISTA(ヴェリスタ)」のディレクター、鵜飼英隆氏。日本発のブランド、YAECA(ヤエカ)の一本を紹介してくれた。

シンプルかつ上質な日常着を手がける日本発のブランド。日本に数台しかない「ションヘル式織機」で織ったオリジナルの生地を使用している。空気を多く含んだ、柔らかい肌触りが特徴だ。 YAECA / CHINO CLOTH PANTS -TUCK TAPERED- 2万3100円 (税込み)

「当店で10年ほど取り扱っているアイテムです。初めて見たときにインパクトを受けたのは生地の柔らかさ。当時はごわごわした肌触りの男臭いチノパンが主流だったので、柔和でドレッシーな印象に驚きました。もう一つ注目してほしいのが、広めに取られたすそ幅です。裾口がストンと落ち、革靴との相性もいいパンツです」

爽やかな淡いベージュの色味は、春先のコーディネートでも活躍してくれそうだ。

裾を絞りすぎない、ゆったりしたシルエット
白シャツとの相性は申し分なし。上品なだけでなく、ほどよく肩の力が抜けた印象も演出できる

「上品なシルエットなので、シャツと合わせるとバランスが取りやすいです。色は白のほか、薄めのグリーンなどで季節感を出してもいいですね。また、ロールアップした際の見え方がきれいな点も特徴です。これからの季節にぜひ試してほしいですね」

次のページ
米軍のパンツに着想 時代を問わない普遍性
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram