Googleフォト 「無料で容量無制限」終了でどうする?

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

写真や動画をクラウドに保存し、端末を問わず見られるようにする「グーグルフォト」。無料で無制限に使えるため、バックアップ先として利用している人も多い。ところが、「容量無制限」は21年5月に終了。無料分は最大15ギガに制限される。有料プランに移るべきか、ほかのサービスに引っ越すべきか……。今のうちにしっかり研究し、準備をしておきたい。

◇  ◇  ◇

月間のユーザー数が10億人以上(2019年時点)に達するという写真・動画向けのクラウドサービス「Google(グーグル)フォト」。15年のサービス開始以来、無料かつ容量無制限でアップロードできることから人気を集めてきた。だがグーグルは20年11月、21年5月末で容量無制限のサービスを終了すると発表(図1)。ユーザーからは落胆の声が上がった。それでも8割以上のユーザーが3年は無料分の容量でまかなえるとグーグルは主張するが、グーグルフォトの魅力が激減したといっても過言ではない。

図1 グーグルフォトはサービス開始以来、「高画質」の設定であれば写真や動画を無 制限にアップロードできるのが魅力だった。しかし、21年6月以降、「高画質」の設定でも最大15ギガ(Gメールなどの容量を含む)までしか無料で利用できなくなる

容量無制限は5月いっぱいまで、以降は15ギガまでが無料

グーグルフォトにアップロードする際、画質は「元のサイズ」と「高画質」のどちらかを選択できる(図2、図3)。「元のサイズ」はオリジナルのままなのに対し、「高画質」は一定以下のサイズに圧縮される。これまでは「高画質」を選べば制限なく保存できたが、6月以降は容量がカウントされ、利用可能な容量の上限までしか保存できなくなる。例外はグーグル製のスマホ「Pixel(ピクセル)」シリーズ。実際、スマホ用の「フォト」(iOS版では「グーグルフォト」)アプリの設定メニューも他社の端末と一部異なっている。

図2 グーグルフォトへのアップロード設定は、「元のサイズ」と「高画質」の2種類。「高画質」を選択すれば、一定の解像度を超えると縮小され、データも圧縮されるが容量は無制限だった
図3 6月以降は、「元のサイズ」と同じくストレージ容量の上限(無料は15ギガ)までしか保存できなくなる

無料ユーザーに割り当てられているストレージ容量は15ギガ。ただし、これはグーグルフォト単独でなく、「Gメール」や「グーグルドライブ」との合計の容量だ(図4)。フォト以外のサービスも利用している場合は、フォトで使える容量はさらに減る。

図4 グーグルフォトで無料で利用できる容量は15ギガだが、これはGメールとグーグルドライブを含めての合計。ポリシー変更に伴い、グーグルドライブでは6月以降、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画なども容量計算の対象になる

放置アカウントに要注意、削除される前に対策を

グーグルによる6月以降のルール変更はほかにもあり、2年以上放置しているサービスからファイルを削除する可能性を明らかにしている。従って、グーグルフォトに関する注意点は2つ。1つめは2年間利用していない場合。これはGメールやグーグルドライブと別々に判断され、サービスごとにファイルが削除されるという。2つめは容量超過が2年以上続く場合。この場合は、グーグルフォトだけでなくGメール、グーグルドライブも含めたすべてのファイルが削除されてしまうので要注意だ。

ともあれ、5月末まではこれまで通り容量無制限。今のうちに容量を節約したり、まとめてアップロードしておいたりと、対策を講じておくとよい。有料プランへの移行や他社サービスへの引っ越しを検討する時間的な余裕も十分にある。また、クラウドにこだわらず、ネットワーク接続のHDD(NAS)に移行するというのも選択肢の1つ。ユーザーによって必要な容量や予算、機能はさまざまだ。図5にフローチャートを設けたので最適解を見つけてほしい。

図5 今後グーグルフォトをどう利用するかは、クラウドストレージの空き容量に余裕があるか、グーグルフォトの機能を重視するか、ランニングコストを優先するかといったことに対するユーザーの考え方次第だ
次のページ
ライバル比較 乗り換えるなら機能とコスパで選ぶ
MONO TRENDY連載記事一覧