ベンチャー経営者が求める人材 5つの共通点

次に、ベンチャー企業における人材採用で、最終意思決定者である経営者が、人材に対して求める条件をご紹介します。事業全体がより速く、よりダイナミックに進化することを求められているため、人材に求める要素も、大企業とは全く異なる内容になります。

1)思考と行動のスピードが速いか?
2)いつでも現場に飛び込める泥臭さはあるか?
(どぶ板第一主義、現場主義、現地現物主義)
3)ストレス耐性は高いか?
4)マルチタスク能力はあるか?
5)一緒に未来の夢に向かうスタンスはあるか?
(今は報酬や条件が悪くても、一緒にいい未来をつくっていく姿勢はあるか?)

特に、会社と人の関係性のあり方として、幹部になればなるほど、「会社から何かを与えてもらう」という姿勢が感じられると、信頼関係の構築が難しくなりやすいのがベンチャー企業の経営者の特徴といってもいいかもしれません。

「会社としてありたい状態」「個人として手に入れたい報酬やポジション」を、自分と一緒に勝ち取りにいってくれそうな人材かどうかが最も重要な人材選考基準となることがほとんどです。

ベンチャー企業が敬遠する人の特徴とは?

また、ベンチャー企業の採用責任者が書類選考段階で警戒したり敬遠したりする人にも特徴があります。このモノサシには「本当に優秀な人材を見落とさないのか?」という課題はあると考えていますが、あくまでもベンチャー企業の一般的な「警戒・敬遠」の傾向として以下の特徴があります。

1)大手企業に勤務していて、転職経験がない
2)現在、管理職で、今後も管理職志向が強い
3)転職直後でも年収維持か年収アップの希望が強い
4)プライベート重視思考が強い
5)役職名や権限への要望度が強い

ベンチャー企業にとっては、いくら経験領域が自社の事業に近く、経歴が魅力的な人であっても、根本的な部分でミスマッチが起こると、円滑に業務遂行ができないどころか、周囲への悪影響も生まれてしまうので、そのリスクを回避したいという思いが強いようです。

そうした理由から、上記のポイントに関しては特に敏感です。もしかするといい人材を見落としてしまうことになったとしても、万全を期すために敬遠したい条件として考えている企業も多くあります。

もちろん業種やポジションによって、例外が多いことは確かですが、それだけ過去の失敗体験が多いことを示唆しているのだと思います。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
ベンチャーに向いていない人のパターン