自分はベンチャー向き? 転職前に5項目でチェックミドル世代専門の転職コンサルタント 黒田真行

ベンチャー企業の社風や働き方はそれぞれに個性がある(写真はイメージ) =PIXTA
ベンチャー企業の社風や働き方はそれぞれに個性がある(写真はイメージ) =PIXTA

「日本の賃金水準がいつの間にかOECD(経済協力開発機構)の中で相当下位になっている」。経団連の中西宏明会長の発言が話題になっています。残念ながら、これが、製造業が柱となって経済を支えてきた日本の今の現実です。そんな中、ICT(情報通信技術)関連を中心にした成長ベンチャー企業が転職市場で人気を集めています。歴史ある大企業からベンチャー企業への人材流動は大局的にはこれからも止まりそうにありません。今回はその人材移動に焦点を当ててみたいと思います。

ベンチャー企業への転職、メリットとデメリットとは?

ベンチャー企業とひとことでいっても、実際には事業内容や成り立ち、ビジョン、理念、財務状況など、1社ごとにバラバラです。あえていえば、創業から時間がたっておらず、独自の技術やサービスなどを駆使している、成長志向の企業を指すことが多いようです。

結果的にインターネット関連サービスを使い、既存のビジネスのやり方をダイナミックに変えていく企業が多くなっています。

また、企業としての成長段階に応じて下記の4つのステージに分けられています。どのステージ段階で入社するかによって、ストックオプションや仕事のダイナミズム、ポジションも大幅に変わってきます。基本的にはハイリスク・ハイリターンだといえます。

・シードステージ 事業を立ち上げる準備段階
・アーリーステージ 事業立ち上げから軌道に乗るまでの段階
・エクスパンションステージ サービスの認知が広がり成長し始めている状態
・レイターステージ 黒字化に成功し、出資受け入れや上場が視野に入る段階

若い経営者が多く、既存の大企業と比べると、意思決定のスピードが圧倒的に速いことが一般的な特徴です。また、責任と共に、社員には大きな裁量が与えられ、基本的には自律的に仕事を進めていく姿勢が求められます。そのぶん、働き方の自由度も高く、制約が少ない環境であると言えます。

実際にベンチャー企業で働くことのメリットとしては、

1)ビジョンを共にする同志と働ける
2)結果に応じて、評価と裁量権が得られる
3)ストックオプションが得られる可能性がある
4)自分の中での経験値が高まる
5)大企業にはない経営のダイナミズムを味わえる

逆にデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

1)事業不振で倒産するリスク
2)労働環境などが未整備
3)評価制度や報酬が大企業と比較すると低め
4)これまでの経歴が通用するか不透明
5)価値観や企業風土のミスマッチ

どれも一般的なものばかりで、かつもちろん「大企業にも倒産や廃業リスクがある」など、すべてがベンチャー企業に限ったデメリットというわけではありませんが、家族がいる人の転職の場合、このあたりのリスクを不安視した家族に転職を反対される、といったケースはよくある話です。少なくともこれらのポイントはしっかり理解した上で転職を決断することをお勧めします

次のページ
ベンチャー経営者が求める人材 5つの共通点
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら