バレー柳田選手 海外武者修行で学んだ前向きマインド一流アスリートの自己管理術(中)

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

跳躍力を生かした強烈なジャンプサーブやスパイクが魅力の柳田将洋選手。春高バレー(全国高等学校バレーボール選抜優勝大会[注])で全国制覇を果たし、サントリーサンバーズでは最優秀新人賞を受賞するなど常に国内のトップレベルを走ってきた。2016年のリオデジャネイロ五輪への切符を逃したのをきっかけにプロに転向し、ドイツやポーランドに渡って武者修行へ。英語を話せないままたった一人で海外のチームでプレーした柳田選手。だからこそ、勝敗を分ける外国人選手と日本人選手のメンタルの違いに気づいたといいます。

成果主義だからこそ、自主練習の意識が変わった

――2016年のリオデジャネイロ五輪への切符を逃したことが背中を押して、ドイツやポーランドといった海外で挑戦されます。日本のチームや選手と比べて、一番驚いたことは何ですか?

日本よりも成果主義だと強く感じました。僕は練習後の自主練習を大切にしていますが、自主練習をしていようがしていまいが、そんなことは評価の対象外。本番の大事なところでいかに結果を出せるかでストレートに評価が決まります。これが真のプロの世界だと。だからなおさら、自主練習は本当に大事だと再確認し、もっと大切にしようと思いました。海外でプレーしたからこそ得た気づきでした。

――自主練習の成果を、ここ一番で発揮させるにはどうしたらいいでしょうか?

以前は、「不安だからとりあえずボールに触っておこう」という感覚で自主練習に取り組むこともありましたが、その「とりあえず自主練習しよう」という意識がなくなり、試合本番をイメージしながら練習するようになりました。「試合で生かすために、こういうシーンの練習をしよう」といった目的を決め、なるべく試合に直結するようなプレーに集中します。同じ練習でも意識を変えたことで、以前より本番で生きるプレーにつながっていると思います。

――チームプレーはよりコミュニケーションが大事だと思います。言語が英語になってやりづらくなかったでしょうか?

海外でプレーした当初、僕は英語が全く話せませんでした。コミュニケーション手段がない状態のまま海外に渡ったことには少し戸惑いはありましたが、そんな心配は杞憂(きゆう)に終わりました。チームの仲間が僕の拙い英語での意見や動きをすごく尊重してくれて、理解してくれようとするんです。いろんな国、言語、価値観の人々が集まっているからかもしれませんが、相手に対して尊重の意識を持って会話しないと、真意がうまく伝わらないとも感じました。

日本にいると、言葉が伝わるのが当たり前で、人と向き合ってどうやって伝えようかなどと意識して考えることなどありませんでしたが、海外でコミュニケーションツールが初期化されたからこそ、「どうやって伝えよう」「どうやって相手の意見に反応しよう」などと、一生懸命考える機会になったのかなと。コミュニケーションや人を尊重することの大切さを学び、戻って日本チームでプレーすれば、もっと相手にうまく伝えられるんじゃないかとも思いました。スポーツも仕事も何でもそうですが、相手を尊重することはすごく大事で、その人間性によって良い人間関係が生まれて、チームワークにもつながるのではないかと。

[注]現在は全日本バレーボール高等学校選手権大会

注目記事
次のページ
コートの中と外との線引きがはっきりしている