コロナ下で学んだこと 大学生・新入社員の本音座談会

2021/2/4
新型コロナウイルスの感染拡大に揺れた2020年。不安定な状況のなか、大学入学、就職活動、入社という節目を迎え、新しい世界へ一歩踏み出したU22世代はどう過ごしたのでしょうか。昨年12月、オンラインで「コロナ下のU22座談会」を開き、大学1年生・内定者・新入社員、それぞれに本音を聞きました。座談会の内容をまとめた全4回記事を紹介します。

【1】大学1年生編(前半) 「心許せる友欲しい」

初回の主役は大学1年生です。友達ができない? オンライン授業で課題に追われる? 「新常態」の大学生活で感じたリアルな心境を語ってもらいました。

イラストはすべて、グラフィックレコーダー「ゆん」さんに作成してもらいました。大学院生のゆんさんは街づくりについて勉強しながら、イラストやアイコンを描いて議論を可視化するグラフィックレコーディングで経済の知識を中心にSNS(交流サイト)で発信をしています。「教授の紹介でグラレコに出会えたこともあり、私にとって大学はとても価値のある4年間でした。私の周囲でも、大学へ行く意味あるの?という話題が出ることもありますが、コロナ禍の中でも機会は探せば色々あるという話、共感しました」と記事の感想を語ってくれました。

【2】大学1年生編(後半) 「大学に入った意味って何?」

1年生編の後半では、コロナ下の大学生活を5段階で評価してもらったところ、意外とプラスだった面も見えてきます。大学の選び方など、高校生へのアドバイスも聞きました。

【3】内定者編 「波乱の就活、オンライン化を逆手に」

オンライン面接の急増、採用選考の中断・遅延といった難局をどう乗り切ったのか、激動の中で内定を勝ち取った大学4年生4人に聞きました。オンライン面接を録画するなど、この環境を生かしたアイデアも飛び出しました。

【4】新入社員編 「コロナ禍の入社でよかった」

最終回は、2020年春に入社した新社会人。いきなりテレワークの日々で感じたこと、学生時代に描いていたイメージとのギャップなどを聞きました。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束