powered by 大人のレストランガイド

チョコと塩とのいい塩梅 ソルティホットで一服いかが魅惑のソルトワールド(50)

塩とチョコを使い自宅でも簡単にできる「ソルティホットチョコレート」
塩とチョコを使い自宅でも簡単にできる「ソルティホットチョコレート」

2月といえば「バレンタイン」。何となく誰ソワソワしている方も多いのではないだろうか。日本で流行するようになったのは製菓会社が仕掛けたキャンペーンだったが、これが一大イベントへと発展し、もう半世紀以上になる。今やすっかり季節の風物詩の一つとして定着した感があるが、そのスタイルも当初の女性から男性に贈るという図式から、その逆だったり、友達同士や家族、はたまた自分へのご褒美チョコだったりと進化を重ねている。

「五基本味」と呼ばれる味がある。「塩味」「甘味」「うま味」「酸味」「苦味」だが、このうち「甘味」「塩味」「うま味」は、誰でもおいしく感じる。塩味は身体の基礎機能を担うミネラルの味で、甘味はエネルギーの源となる糖分の味、うま味はたんぱく質のもとになるアミノ酸や核酸に由来する。脂肪・油分は人が生きる上で必要な栄養素で、エネルギーにもなる。

それはさておき、本能的においしく感じるチョコに決定的に足りないものがある。そう、塩味である。塩は生命維持に必要なミネラルの味わいなので、チョコに塩を足すことは、ある意味、本能への訴えかけをより強化する手法といえなくもない。

和菓子や焼き菓子などの原材料をチェックしてみれば分かる。「えっ、こんなものにまで」と驚くほど多くの菓子類に塩が使われているからだ。

塩味と甘味は対極の関係にあり、加える塩の量は糖の種類や濃度によって変化するが、一般に約0.15%~0.2%程度で十分な効果を発揮する。塩を少量入れることで対比効果が発揮され、塩味が消える代わりに甘味にスポットライトがあたり、際立つからである。「隠し味」であり、「スイカに塩をかける」ワケと同様だ。

チョコに塩を足すのは本能への訴えかけを強化する強烈な手法

塩味には苦味を抑制する働きもある。チョコの苦味を弱めるので、より万人に受け入れられやすい味わいになる。塩味はうま味や甘味の輪郭をはっきりとさせる働きもある。チョコのコクが増し、大人味に変化するため、チョコと塩はとてつもなく相性が良いことがお分かりいただけるだろう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド