池脇千鶴さん 『その女、ジルバ』で見せた決める力

池脇千鶴さんが9年ぶりに主演を務めている連続ドラマ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系)が好評です。2016年4月からスタートした「オトナの土ドラ」シリーズ全31作の中で初回視聴率は関東地区で世帯視聴率6.3%、名古屋地区で世帯視聴率9.2%(占拠率30.0%)と歴代トップを記録しました。

初回放送直後から、ツイッターでも「しみじみとした見応えのあるドラマ」「元気がもらえる物語」といった声が上がり、話題になっています。

(イラスト 川崎タカオ)

このドラマは、第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した「その女、ジルバ」(作・有間しのぶ)を実写化しています。池脇さんが演じる主人公の笛吹新は、百貨店でアパレル販売員として働いていたものの、リストラ対象となり物流会社勤務に異動させられ、自身の人生をさえないものであると感じていました。結婚直前に婚約者にも裏切られ、未来への希望を失いかけた40歳の誕生日に、偶然40歳未満お断りの熟女バー『OLD JACK&ROSE』の求人広告を目にし、最年少ホステス「アララ」として働き始めます。先輩ホステスたちとのふれあいや人生訓を通じて、アララ(新)が自身の人生をポジティブに歩み出す姿が描かれていくヒューマンストーリーです。

このドラマの初回で池脇さんは、目を腫らし、ほおもややたるみ気味、丸まった背中……と、覇気のない表情一色で登場しました。

もともとかわいらしい顔立ちで清純派女優として認識していた視聴者にしてみれば、なかなかの衝撃があり、ツイッターでも「最初は池脇千鶴だとわからなかった」「40歳相応の容姿になっている」などと、池脇さんが演じる主人公の容姿に対する声が数多く投稿されていました。

ですが、アララの表情がしだいに明るくなっていく第2話以降は、おしゃれに目覚めて笑顔も増え、前向きに進んでいこうとする姿が描き出されるうちに「どんどんかわいくなっていく」「もっと変化して輝いていくのかな」などと、池脇さんの変貌ぶりと今後の展開に期待を寄せる声が上がり始めます。

このドラマで池脇さんは二役を演じています。『OLD JACK &ROSE』の店内に飾られている写真の「伝説のママ・ジルバ」も、池脇さんが演じているのです。グレーヘアで華やかなドレスを身にまとい、はつらつとした表情を見せるジルバは、エレガントに輝く女性そのものです。池脇さんが二役を演じていることを知らなければ、池脇さんがふんしているとはとても思えません。

それほど、さえない40歳女性の姿を演じる池脇さんと、輝くジルバにふんする池脇さんは、別世界の雰囲気を醸し出しています。

その演じ分けを目の当たりにし、様々な見せ場においておのおの世界観を表現する池脇さんに、「決める時に決める」役者としての力量を改めて感じました。

注目記事