■7位 帝国ホテル 390ポイント
蒸し焼き風、なめらか食感

グランクラシックショコラ 「現代の名工」でもある望月完次郎氏が、大切な人に贈る高級チョコレートケーキとして開発した。南米コロンビアのサンタンデール産カカオ豆で作ったチョコを使用。約1時間かけて低温で焼き上げ、ガナッシュのような滑らかさとスポンジケーキのふんわり感を実現した。

「湯煎(せん)で蒸し焼きにした火加減が見事で、しっとりしたデリケートな口溶け」(平岩さん)、「軟らかい食感とともにオレンジの香りが口に広がる」(隈部美千代さん)

(1)5500円(2)4.5×21×3.5(3)ホテルショップ「ガルガンチュワ」 電話03・3539・8086

■8位 デカダンス ドュ ショコラ 370ポイント
小麦使わずグルテンフリー

ガトーグアナラ70 レストランなどを運営するグローバルダイニングが02年から運営するチョコレート専門店。仏有力メーカーの製菓用チョコ(カカオ分70%)を使い、上品な苦みと持続性のある香りが特徴。しっとりした食感と濃厚な味わい、小麦を使わないグルテンフリーも売り物だ。

直営3店舗と通販サイトで扱う。冷凍状態で販売し、冷蔵庫で約5時間解凍して食べる。「ほどよい苦みの後から広がる甘みとカカオの風味を、しっとりとした口当たりと味わえる」(佐藤ひと美さん)

(1)2376円(2)5.5×16×2(実測)(3)茗荷谷店 電話03・3943・9882

■9位 ドリュアデス 360ポイント
スポンジとチョコ、2層構造

ガトーショコラ(クラシック) 木工雑貨製造のHacoa(福井県鯖江市)が19年に立ち上げた手作りチョコレート専門店。ブランド名はギリシャ神話の「木の精」から。外側のふんわりとしたスポンジ部分と内側のしっとりしたチョコレート部分の2層構造と、カカオ分85%の濃厚な味わいが特徴。

一番なめらかな口溶けになるよう火入れにこだわった。「チョコレートの香りが高く華やか。食感も立体的」(市川歩美さん)。冷やしたりレンジで温めたり、温度による食感の変化も楽しめる。

(1)2592円(2)6×16×4(3)春日本店 電話03・6801・5625

■10位 ショコラティエ ラ・ピエール・ブランシュ 330ポイント
優しい口溶け アーモンドの香り

ガトー・ショコラ・メッス 神戸市内に2カ所ある人気チョコレート専門店。しっとりとして軽くほろりとした食感が特徴だ。

チョコの濃厚でしっかりとした味わいがあり、優しい口溶けが売り物。生地にアーモンドを粉末にしたアーモンドプードルをたっぷり練り込み、豊かなアーモンドの香りがするのも特徴だ。表面にはパウダーシュガーをたっぷりまぶした。

秋山敏信さんは「軽い口当たりに仕上がっていて、たくさん食べられそう。リング状でとてもかわいい」と評価。

(1)1900円(2)15×4.5(3)元町店 電話078・321・0012

注目記事
次のページ
チョコ多めが人気 生クリーム添えて