powered by 大人のレストランガイド

バレンタインデーに楽しみたい ガトーショコラ10選

(左から時計回りに)1位 パティスリーエヌグラム「シルキーショコラ」、2位 グリーン ビーン トゥ バー チョコレート「ガトーショコラ」、3位 ショコラフィル「ガトーショコラ レクタングル」
(左から時計回りに)1位 パティスリーエヌグラム「シルキーショコラ」、2位 グリーン ビーン トゥ バー チョコレート「ガトーショコラ」、3位 ショコラフィル「ガトーショコラ レクタングル」

ガトーショコラはフランス語でチョコレートケーキ。カカオの香りや食感に工夫を凝(こ)らした品が増えている。バレンタインの季節、親しい人と食べたいガトーショコラを専門家が選んだ。

■1位 パティスリーエヌグラム 500ポイント
ふんわり、とろける食感

シルキーショコラ 遠赤外線効果のある石窯を使い、通常よりも長めの約1時間かけて蒸し焼きにすることで、生チョコレートのようなとろける食感を実現した。

カカオ分が70%と高めのチョコを材料に使っている。高温で焼くとチョコの風味が飛びやすいため、通常より低温で焼き上げ、チョコの風味を際立たせているという。

ガトーショコラは従来、生地の目が詰まってしっかりとしたイメージがあった。専門家の評価は舌の上ですーっと溶けるような繊細な食感に集まった。「しっとり感とふんわり感を兼ね備え、従来のガトーショコラのイメージを一新するような食感。中は軟らかなガナッシュのよう。苦すぎず食べやすく、大人から子供まで幅広い層に好まれそう」(平岩理緒さん)

君島佐和子さんは「中央部にふんわり空気を抱え込んだ食感が心地よく、メリハリもあって食べる快感と喜びがある」と評価する。

同店は海外ブランドや有力菓子メーカーで企画開発を手掛けてきた生野敬介氏が2018年に東京都国分寺市で創業。同市内に2店舗ある。「一つずつストーリーのある商品作り」をコンセプトに掲げる。

通信販売は冷凍配送で、冷蔵庫に入れて時間をかけて解凍する。「冷えた状態から室温にして香りや食感が変化するのを楽しみながら食べるのがお薦め」(生野氏)

(1)税込み本体価格 2140円(2)外形寸法 直径12センチメートル×高さ4センチメートル(3)公式・販売サイトまたは電話番号 https://ngram.stores.jp/

■2位 グリーン ビーントゥバー チョコレート 490ポイント
カカオの力強さ・濃厚さ

ガトーショコラ 豆からチョコレートの完成品までを一貫生産する「ビーン・トゥー・バー」らしいカカオの力強さや濃厚さが特徴。フランス人チョコ鑑定家らの協力を得て15年から出店する専門店の人気商品だ。口溶けのよさと濃厚で果実のような風味が感じられるという。

材料のチョコにタンザニア産カカオ豆を使い、カシスやブラックベリーのような香りや、わずかな酸味がもたらすジューシーさが味わえるという。パッケージを開けた途端、香りがふわっと広がる。「素材の特徴が生かされ、カカオの存在感を堪能できる」(鈴木兼介さん)

下園昌江さんは楽しみ方について「酸味がほどよくワインに合いそう」とコメント。

(1)3564円(2)6×17×5(3)中目黒店 電話03・5728・6420

■3位 ショコラフィル 470ポイント
カカオニブの歯ごたえ楽しむ

ガトーショコラ レクタングル 菓子メーカーであるBAKE(東京・港)のガトーショコラ専門ブランドの人気商品。生チョコのように口の中でとろける食感と、好みでトッピングできるカカオニブの歯ごたえが楽しめる。

コロンビアの特定農園で育てたカカオ豆で作った、カカオ分の異なる2種類のチョコを使用。甘みと香りの最適なバランスとまろやかな後味を目指した。

尾形剛平さんは「口溶けが早く完熟したフルーツのような香りが特徴。カカオニブの食感が全体を引き立てる」と評価する。

時間がたつにつれ変化するなめらかさも魅力。通販は冷凍配送。冷蔵庫で一日寝かせてから食べると引き締まっておいしいという。

(1)2916円(2)5.5×15.3×3.8(実測)(3)0120・319・235

■4位 ダンデライオン・チョコレート 420ポイント
チーズケーキのような味わい

ガトーショコラ 米サンフランシスコで元IT(情報技術)経営者らが2010年に創業。ビーン・トゥー・バー系を代表するブランド。16年に東京・蔵前に日本1号店を出し、期間限定を含め現在4店舗を展開する。

小麦を使わないグルテンフリー。インド南部の特定農園で作られたカカオ豆のローストを工夫するなど酸味を最大限生かし、チョコ、キビ砂糖、卵、バターに原材料を絞ることでチーズケーキのような味わいにしたという。「絹のような口溶けとレモンヨーグルトを思わせる独特なカカオの香りがくせになる」(chicoさん)。高級感のある木箱入り。

(1)3888円(2)5×12.5×4(3)電話03・5833・7271

■5位 ボンハタボン 400ポイント
癒やしの香り 温めても

魅惑のガトーショコラ●(ハートマーク)  中沢乳業(東京・港)のシェフパティシエ、畑田洋志氏が立ち上げた通販専門ブランド。どっしりとした外側と半生のとろりとした内側の食感のハーモニーが売り物だ。

できあがった生地内部の泡が消えないうちにすばやく焼くことで独特のとろける食感を実現。カカオ分64%のチョコを使いしっかりとカカオの風味を出した。「落ち着きのある香りに癒やされる。口溶けもいい」(並木麻輝子さん)。冷凍配送で、冷蔵庫で解凍した後、冷たいままでも電子レンジで温めて食べてもおいしいという。

(1)3000円(2)5.5×14×5(3)https://www.bonhatabon.shop/

■5位 パスカル・ル・ガック 400ポイント
かわいい形状、ほっとする味

サンジェルマン フランスの著名愛好家クラブから5年連続最高位に選ばれたショコラティエによるチョコレート専門店。19年に東京・赤坂に日本初の常設店を開業した。カカオの実をイメージした波打つようなかわいらしい形状が特徴。アーモンドとチョコの芳醇(ほうじゅん)な香りと外はさっくり、中はしっとりとした食感が売り物。

数種類をブレンドした独自のチョコを使い、甘すぎず、すっきりして食べ飽きない味にした。「子どもと安心して食べられる優しくほっとする味。コストパフォーマンスも高い」(原亜樹子さん)

(1)1944円(2)12.5×3(3)電話03・6230・9413

メールマガジン登録
大人のレストランガイド