気になるコロナワクチン 知っておきたい免疫との関係

ナショナルジオグラフィック日本版

マレーシア、シャーアラムにある病院の外で、新型コロナウイルス検査のために綿棒でサンプルを採取する医師(PHOTOGRAPH BY LIM HUEY TENG, REUTERS)

2020年、世界では8000万人以上が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断され、170万人以上が命を落とした。この1年あまりの間に、たとえば軽症者と重症者の違いなど、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への免疫に関する理解は飛躍的に高まった。一方で、免疫がどのくらい持続するかなど、まだ答えのわかっていない疑問も残る。

いよいよワクチンの接種が始まりつつある今、新型コロナウイルスに対してヒトの免疫がどのように働くかをおさらいしておこう。

わたしたちの免疫の強み

免疫の反応はウイルスの種類によってさまざまだ。A型肝炎や麻疹(はしか)のようなウイルスに対しては、わたしたちの体は生涯続く免疫を獲得できる。その一方で、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は免疫を破壊し、抵抗力を劇的に下げてしまう。

「幸い新型コロナウイルスはA型肝炎に近いものです」と、米ジョンズ・ホプキンス大学のウイルス免疫学者のアンドレア・コックス氏は言う。「簡単なウイルスではありませんが、HIVのようなものとはほど遠いです」

20年5月14日付で学術誌「Cell」に発表されたある重要な論文では、回復した患者は新型コロナウイルスに特異的な抗体(侵入者を捕まえ、多くの場合これを中和するように設計されたタンパク質)を作ったのみならず、キラーT細胞、ヘルパーT細胞を活性化させたことが初めて示された。

キラーT細胞は、患者自身の感染した細胞を認識して破壊する。ウイルスの増殖を防ぐために、あえて自分の細胞を破壊するわけだ。一方ヘルパーT細胞は、このプロセスを助けつつ、抗体づくりを調整する。

「当初は、ウイルスがしっかりとした免疫反応を本当に誘発するかどうかについて、多くの不安がありました」と、この論文の共著者で、米ラホヤ免疫研究所の免疫学者アレッサンドロ・セッテ氏は言う。別の研究所に所属する免疫学者シェーン・クロッティ氏の協力を得て、同プロジェクトは、回復したCOVID-19の患者から採取したサンプルのさまざまな免疫反応を検出できる重要なカクテル試薬を設計した。

この力強い成果に、さらなる朗報が続く。回復した患者がどのように抗体を作っているかについて議論が活発にかわされていたものの、生活する中で抗体で本当に感染を防げるのかどうかは、まだわかっていなかった。それを初めて証明してみせたのは、米ワシントン大学のウイルス学者アレックス・グレニンガー氏らが考案したある実験だった。

COVID-19検査プログラムの一環として、グレニンガー氏らは商業用漁船の乗組員たちの血液を航海の前後に採取していた。乗っていたのは122人。その血液を調べてみると、帰港時には大半がコロナウイルスの陽性反応を示したが、出港前からすでに血液中にSARS-CoV-2への抗体を持っていた3人は誰も感染していなかった。このちょっとした幸運と優れた手法により、抗体が感染を予防する可能性が高いことを彼らは初めて証明してみせた。論文は20年10月21日付で学術誌「Journal of Clinical Microbiology」に掲載された。

「あれはすばらしい発見でした」と、米エール大学の免疫学者で、米ハワード・ヒューズ医学研究所の研究者でもある岩崎明子氏は言う。岩崎氏はまた、クロッティ氏とセッテ氏が20年11月16日付で査読前の論文を投稿するサイト「bioRxiv」に発表した、SARS-CoV-2に対する免疫反応が感染後6カ月以上、継続的に、多方面にわたって維持されたという論文にも言及した。

次のページ
わたしたちの免疫の弱点
ナショジオメルマガ