iPhoneを追う「AQUOS sense」 5G対応機も今春登場

日経クロストレンド

日経クロストレンド

日本国内のスマートフォン市場では、iPhoneシリーズが圧倒的なトップシェアを獲得している。それに次ぐ2位の座を、シャープのAQUOSシリーズがここ数年守り続けていることはご存じだろうか。BCN調べによるAndroidスマホのメーカー別シェアで、シャープが2017~20年に4年連続1位を達成した。

20年11月にはシリーズ最新モデルの「AQUOS sense4」を発売

同社のスマホには、ハイエンド向けの「AQUOS R」や、軽量タイプの「AQUOS zero」もあるが、シェア1位の立役者といえるのはスタンダードモデルの「AQUOS sense」シリーズだ。特に19年11月から発売された「AQUOS sense3」は、Androidスマホで発売以来8カ月連続1位を獲得。20年9月までに300万台を出荷した。ここ2~3年の低価格スマホ市場ではOPPO(オッポ)や小米(シャオミ)など中国勢の日本参入があったが、AQUOS senseシリーズは販売数を伸ばしてトップを維持したのだ。

AQUOS sense3が支持されたのは、「日本発のブランド」という安心感だけではなく、「おサイフケータイ」など、日本国内で必要とされる機能を一通り盛り込んだ上で大容量バッテリーを搭載しているのに、4万円を切る価格で購入できるコストパフォーマンスの良さにあった。

AQUOS sense登場前の16年には、シャープの携帯電話シェアは10%を切り(9.2%、MM総研調べ)、アップル、ソニー、京セラに次ぐ4位まで落ち込んでいた。AQUOS senseシリーズを担当する、シャープ 通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部の清水寛幸課長は当時について、「低迷していたというほどではないが、伸び悩んでいたのは確か。特にブランドの認知度には課題があった」と振り返る。

その原因の1つは、スマホのブランドが多すぎることにあった。16年末時点のAQUOSは、NTTドコモ向けの「ZETA」「EVER」、au向けの「SERIE」「U」、ソフトバンク向けの「Xx」「CRYSTAL」、UQ mobile向けの「L」など、通信キャリアごとに別々のブランドを冠していた。各通信キャリアの要望を入れて特徴あるモデルを作っていった結果だが、利用者から見るとブランドごとの特徴が分かりにくく、認知度の低下を招いてしまったのだ。またブランドが多いことによって開発コストの面でも不利になっていた。

そこで同社は17年にブランドの統合を決断。ハイエンド向けのAQUOS Rとスタンダード向けのAQUOS senseの2シリーズに整理し、基本的に同じモデルを複数の通信キャリアから販売することにした(その後、軽量モデルのAQUOS zeroを追加)。

高級感やプロセッサー性能よりも指紋センサーや防水を優先

スタンダードモデルであるAQUOS senseシリーズのコンセプトは「必要十分」。開発に当たっては「これまでの低価格スマホは『安いからしょうがない』という製品も多かったが、AQUOS senseは『誰でもこれを選んでおけば大丈夫』といえるスマホ」(清水氏)を目指し、必要な機能を絞り込んでいった。

しかし、おサイフケータイや指紋センサー、防水などの必要な機能を盛り込みつつ、価格を目標の約3万円(ドコモオンラインショップの一括販売価格では、当時税込み3万456円)に抑えるのは簡単ではなかった。

ホームボタンを兼ねた指紋センサーを搭載(写真は最新のAQUOS sense4)

シャープは16年から鴻海(ホンハイ)科技集団グループに入っており、以前よりも部品などを低コストで仕入れられるようになっていた。しかしそれでも、韓国サムスン電子や中国ファーウェイなどの世界的スマホメーカーと比べると、価格競争力には限界があった。

そのため、価格を下げるために割り切った面も幾つかある。例えばデザイン面では、「ボディー部分の塗装や仕上げで高級感を出すスマホは多かったが、AQUOS senseはそこにコストをあまりかけず、素材の良さを引き出す方向で持ちやすくシンプルなデザインを目指した」(通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部の角田孝子主任)。この他、初代AQUOS senseでは、プロセッサーやカメラも上位モデルよりは低価格なパーツを使用し、うまく価格を抑えていった。

その結果、初代AQUOS senseは発売後半年足らずで100万台を販売する成功を収める。「静かな売れ方ではあったが古い携帯電話からの乗り換え需要を多く獲得でき、想定以上に売れた」(清水氏)。

17年11月発売の初代AQUOS sense
注目記事
次のページ
「バッテリーが1週間持つ」という付加価値でブレーク