NiziUは第3段階 芸能事務所JYPの活動プランを読み解く

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

オーディションプロジェクトNizi Projectの成功で、日本でも一躍脚光を浴びている韓国の芸能事務所JYP ENTERTAINMENT(以下、JYP)。日本でも知名度の高いTWICEや2PMなどが所属する事務所だ。

なぜJYPは今回、ソニー・ミュージックエンタテインメントとタッグを組んで日本を拠点に活動するガールズグループの育成に乗り出したのか。そこには、JYPのビジョンがある。

JYPは3段階に分けた制作活動プランを打ち立てていた。

第1段階
韓国の歌手を海外に出していく。

第2段階
韓国の歌手と海外の歌手がミックスした1つのチームを作って海外に出していく。

第3段階
海外の人材でチームを作って海外に出していく。

今回のNizi Projectは、第3段階に当たる。日経エンタテインメント!2019年5月号でインタビューした際、J.Y. Park氏は、3段階目を本格的に始動できるタイミングが整ったと考えていることを明かしている。さらには、「このプロジェクトをまず日本でスタートしたいと思った理由は、JYPのブランドがある程度(日本で)確立してきていること、そして、JYPが追い求めている価値やカラーが多くの人々に愛されると確信することができたから」と語った(以下、J.Y. Park氏のコメントは同号より)。

設立から20年が過ぎるJYPが、いかにしてビジョンを達成しながら海外進出を進めてきたのか、その歴史を振り返ってみたい。

第1段階 韓国コンテンツを海外へ

J.Y. Park氏が、現在のJYPの前身となる会社を設立したのは97年のこと。世界で成功した第1号となったのが、02年にデビューしたピ(Rain)だ。さらに、07年にデビューしたガールズグループWonder Girlsがそれに続いた。

◎ピ(Rain)

デビューと同時に俳優としてドラマにも出演し、人気スターに。翌年には中国やタイでアルバムを発売し、ソロアーティストとしてはK-POPの中でも最も早く海外でも成功を収めた。05年には日本盤アルバムを発売したが、当時の日本はドラマ『冬のソナタ』が社会現象となり、第一次韓流ブームの真っ只中。男性的な魅力にあふれたピも人気を博し、07年には東京ドームでコンサートを開催するほどに。今でこそトップK-POPアーティストのドーム公演は珍しいことではないが、当時は、俳優のイ・ビョンホンに続き韓国人として2人目の快挙だった。

◎Wonder Girls

07年にデビュー。海外での活動を積極的に行い、09年にはアメリカの大手エージェンシーCAAとマネジメント契約を締結。同年、Wonder Girlsは韓国人歌手として初めてビルボード・ホット100チャートにランクイン(76位)し、“アジアのスパイス・ガールズ”と呼ばれた。

次のページ
第2段階 韓国と海外の歌手をチームに
エンタメ!連載記事一覧