自分と応募先企業が磁石のように引き合う

30代の若手経営幹部候補として抜擢されている人の共通項、最後の3つ目は「応募先企業の事業、ミッション、ビジョンについての強い共鳴がある」ことです。

当連載ではこれまでもこのことは手を替え品を替え、述べてきていますので、「耳タコ」かもしれませんが、やはりこのコロナ禍の中で次世代幹部を迎え入れるにあたり、この部分の互いのマインドの一致は、本当に大事になっています。

「にじみ出るプロフェッショナリティーがある」「これまでの業務経験から醸成され発現された、自分なりのビジョン、パッションがある」という点を兼ね備えた30代リーダーにとって、この「共鳴できる事業、ミッション、ビジョン」を持つ企業との巡り合いというものは、実は必然ともいえるものです。なぜなら、自身が求めるものが明確であるため、どの企業がその人にとって望ましい場となりうるかも明確だからです。

これは自分でじかに企業に応募しても、我々のようなエグゼクティブサーチ会社や人材エージェントを利用しても、あるいは仕事上や個人的な付き合いの中で知り合ったご縁からのスカウトであれ、いずれにおいても、あなたに紹介されるべき企業やポジションは何なのか、初動から一定以上はクリアになっているということです。

よく「不思議なご縁で」という表現で、まさに運命のようなタイミングで新天地との縁がある人がいますが、これは実は不思議でも何でもなく、互いが引き合うマグネットポイントがしっかり設定されていたからなのです。当社がエグゼクティブサーチでやっていることは、ある面、このマグネットポイントを明らかにし、引き合う案件を紹介しているという作業なのです。

そうはいっても、現実としてはなかなかこの点が明確になっている人はそう多くはありません。そこで応募・選考に入ってから企業側はあの手この手でこの部分を確認していくわけです。

ベンチャー、老舗企業、投資会社の買収先企業という、特に30代幹部を積極的に抜擢しようとしているセクターのいずれをとってみても、これがない人が経営幹部・CxOに抜擢されることはまずありません。最近増えている社会課題解決を掲げる、注目のベンチャー企業各社では創業社長たちはこの部分の重要性を強く認識しており、どれだけ専門性やスキルが合致していたとしても、ビジョンへの共鳴や企業カルチャーとのフィットがない30代を採用することはないのです。

経営幹部職を志向する30代にとって、このコロナ禍の中にあっても経営幹部ニーズは非常に根強く、チャンスは多くあります。ぜひこの機会をつかみ、アフターコロナに向けた次の時代をけん引する経営幹部デビューを果たしていただきたいと思います。

※「次世代リーダーの転職学」は金曜掲載です。この連載は3人が交代で執筆します。

井上和幸
経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから