自分なりのビジョン、パッションがあるか

30代の若手経営幹部候補として抜擢されている人の共通項のその2は、どのようなビジネスに関わっていきたいかという「自分なりのビジョン、パッションがある」ということです。

先のプロフェッショナリティー醸成の話で既にお分かりのことでしょう。こうして日々、真剣に向き合ってきた業務の延長線上にこそ、自分にも他者にも腑(ふ)に落ちる、真の自分なりのこだわりやテーマ、ビジョン、パッションが発現されるのです。

このような人と面接で話をしていると、そのビジョンやパッションを抱くに至った「なぜか」が明確であり、話がブレません。その根底にある、粘り強さややり切る力、困難から逃げないということを面接側として感じます。これこそが、30代の人に次世代の幹部として事業や組織を任せたいと採用企業や経営者に思わせる要素です。

もちろん、その人のビジョンやパッションは、現職の仕事以外からも発現されることがあります。例えば長らく没頭している趣味のテーマや、何がしかその人が興味関心を抱くに至った社会的なテーマや課題です。いずれにしても、それがその人の様々な経験やこだわりと関連して、心の根底から出てきているものか、あるいは借り物のようなものかを、採用側の企業や経営者は嗅覚鋭く感じています。

もし、ここまでの歩みの中で、コンセプトのない、またはみえにくい転職を繰り返している人、自分のキャリアしか考えていない人(転職を踏み台にしか考えていないような人)は、少なくとも30代での抜擢幹部としては採用されることはありません。そして、そのまま30代・40代と過ごしてしまうと、当人の自我とは相反して、その後を経営幹部職として歩むこと自体、難しくなっていくでしょう。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
自分と応募先企業が磁石のように引き合う