NiziU、デビュー前からなぜ人気 成功の秘密を解説

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

 2020年12月2日にシングル『Step and a step』で正式デビューを果たした「NiziU(ニジュー)」。韓国の最大手事務所の1つでTWICEや2PM、Stray Kidsらを擁するJYP ENTERTAINMENT(以下、JYP)と、ソニー・ミュージックエンタテインメントによるオーディションプロジェクト「Nizi Project」が、デビューメンバーを発表したのは、6月26日のこと。以降、約5カ月で、デビュー前にもかかわらず日本の“国民的”グループとして一気に台頭した。昨年末には『第71回NHK紅白歌合戦』に史上最速で出場し、『第62回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で特別賞を受賞した。「『現代用語の基礎知識』選 2020ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30にも選出され、“2020年の顔”としての強い存在感を放ったことは記憶に新しい。

この成功はどうやって作られたのか。改めてその足跡を振り返ってみる。

1万人を超える応募者から選ばれたガールズグループ「NiziU(ニジュー)」(写真:アライテツヤ)

“日本流”のオーディション

デビュー前の熱量を作る最大の仕掛けは、誕生に至るまでのオーディションを見せたところにある。

JYP所属のTWICEや2PMなどのグループも、デビュー前にサバイバルオーディション番組の過程を踏んで選ばれたメンバーから成るが、すでにダンスや歌のレッスンを重ねてきたJYPの練習生たちであり、今回のNizi Projectとはそもそものスタート地点が違う。

プロジェクトリーダーを務めるJYPの創設者・J.Y. Park氏は、日経エンタテインメント!の19年5月号でこう語っている。「マーケティングの側面で言えば、日本では違う見せ方をする必要があります。韓国ではデビュー前にある程度育成してから世に出しますが、日本はアイドルが育っていく過程を一緒に応援するという文化があります」。その見方どおり、日本では実力の足りない出場者たちがデビューをつかむために努力を重ね、壁にぶつかりながらも成長する姿が視聴者の心を揺さぶり、共感の輪を広げていった。

番組本編の配信は20年1月末からHuluで始まったが、同時期に日本テレビ系『スッキリ』で特集コーナーの放送も開始することで、一般層への浸透も進んだ。さらには、マツコ・デラックスや賀来賢人、指原莉乃ら、Nizi Projectにハマっていると公言する有名人が次々に登場し、インタビューや番組、SNSなどでプロジェクトの面白さを熱弁。その後、3月からはYouTubeでも番組を公開し、「Nizi Projectって何だろう?」「面白そう」と興味を持った層が気軽にコンテンツを視聴できる環境は万全に整えられたと言えるだろう。

J.Y. Park氏の言葉の力

もっとも、公開オーディション番組そのものは、日本でも目新しいコンテンツではない。ただ、今回の場合、“+α”として効いたのが、J.Y. Park氏の存在だ。

褒め方のバリエーションが豊富で、厳しい言葉もモチベーション向上につながる表現をする。番組の中でメンバーに投げかける言葉は、出場者の個性を見極め、可能性を引き出すことを後押しするものだった。その言葉の1つひとつが“金言”としてSNSをにぎわせ、J.Y. Park氏は日本で“理想の上司”の称号まで手に入れた。

注目記事
次のページ
成功した“プレデビュー”施策