ポパイのホウレンソウ缶詰ある? 英国ではカレーにも

1年中スーパーに出回るホウレンソウだが、旬は冬=PIXTA
1年中スーパーに出回るホウレンソウだが、旬は冬=PIXTA

冬になるとおいしくなる野菜のひとつがホウレンソウ。冬霜に当たると葉が軟らかくなり、いっそう甘みを増しておいしくなる。ある年代以上の人には米国のアニメシリーズ「ポパイ」の主人公の好物・ホウレンソウの缶詰を連想する人も多いだろう。果たしてそのような缶詰は実在するのか? また、ホウレンソウといえば、冷凍野菜としてもおなじみだ。上手に冷凍するポイント、また驚きの冷凍方法など、今回はホウレンソウの「豆知識」についてご紹介しよう。

ホウレンソウはヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜である。原産地は中央アジアから西アジアとされ、初めて栽培されたのはペルシャ地方、現在のイランだったと考えられている。

シルクロードを伝って東アジアに広まり、江戸時代初期には日本にも伝わっていたようだ。中国語でペルシャを意味する「菠薐」が「ボーレン」のような発音で、それが転じて「ホウレンソウ」となった。つまり、「ペルシャの草」という意味である。

ただ、江戸時代から日本じゅうに広まって一般的に食べられていた野菜というわけではないらしい。戦前までは青菜の代表といえば、カブの葉やコマツナで、その存在感が増すのは戦後のこと。そう、あのテレビアニメシリーズ「ポパイ」がキッカケである。

これは水夫のポパイと恋人のオリーブ、ライバルのブルートの3人が繰り広げるコメディーで、日本では1959年から放送が始まった。小男のポパイが缶詰のホウレンソウを食べると超人的な力を発揮し、大男のブルートをやっつけるというのが毎回のオチである。アニメ放映が終わって何年もたつ今でも「ポパイにホウレンソウ」は「鬼に金棒」の同義語のように使う人もいるくらいだ。

そして、このアニメによってホウレンソウは栄養価の高い野菜として広く認識される結果となった。実際、鉄分やミネラル、ビタミンCやビタミンK、葉酸やマグネシウムといった栄養素を豊富に含む。米国でも日本でも「ほら、ホウレンソウを食べないとポパイみたいになれないよ」というのが、母親が野菜嫌いの子どもに食べさせるときの決まり文句であった。

しかし、よくよく考えてみると、ホウレンソウの缶詰というものを一度も見かけたことがない。果たしてポパイの故郷・米国には存在するのだろうか?

日本缶詰びん詰レトルト食品協会公認の「缶詰博士」で、「缶詰博士が選ぶ『レジェンド缶詰』究極の逸品36」「日本全国『ローカル缶詰』驚きの逸品36」などの著書がある黒川勇人さんに聞いてみた。黒川さんは、日本はもちろん世界50カ国の缶詰もリサーチしており、海外の缶詰事情にも詳しい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド