バレー柳田選手 伸び悩み防いだメンタルは「自主性」一流アスリートの自己管理術(上)

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

跳躍力を生かした強烈なジャンプサーブやスパイクが魅力の柳田将洋選手は、バレーボール界のエリートだ。第41回春高バレー(全国高等学校バレーボール選抜優勝大会[注])で主将として全国を制覇し、慶応義塾大学在学中の2013年には全日本メンバー入り。大学卒業後に入団したサントリーサンバーズでは最優秀新人賞を受賞。17年にはプロに転向してドイツやポーランドといった欧州でプレーし、18年には日本代表キャプテンに就任するなど、常に日本のトップレベルを突っ走ってきた。

16年のリオデジャネイロ五輪への切符を逃して挫折を味わったが、再び東京五輪に向けて準備する柳田選手に、モチベーションを落とすことなく、トップレベルで戦い続けるための思考法やメンタルについて聞いた。

停滞している時ほど現状に疑問を持つ

――バレーボール一家に生まれて小学1年生から本格的にバレーボールを始め、小学5年で日本一になり、中学で全国大会に出場。春高バレーでは全国優勝を遂げるなど、常にトップレベルで結果を出されてきました。若い頃から結果を出している選手の中には、高校や大学でモチベーションが続かず、成績に結びつかないアスリートもいます。モチベーションを維持したままトップで戦い続けられている理由は何だと思われますか?

幼い頃はバレーボール漬けの毎日を続けていくことに必死で、わざわざ「モチベーションを上げるためにどうしようか」など考えたりしませんでした。でも、高校、大学と進学し、長年バレーボールをやっていると練習も気持ちもマンネリ化してきます。やはり目的がないとモチベーションが続かない。だから「何を目的にバレーボールをやるのか」をきちんと考えて行動に移すようになりました。すると、大きくモチベーションを落とすことはなくなりましたね。

――例えば?

僕は17年にプロに転向しましたが、これも「自分の中で何を目指していくべきか」と考えた末の一つの答えでした。欧州でプレーすることを選んだのも、「環境を変える」ことでモチベーションを高めるスイッチにしたかったのです。

他のアマチュアスポーツのアスリートと同様、五輪を基準に4年という長期スパンでプランニングしていますし、1年1年「今年はどうやって戦おうか」と考えるようにもしています。目的や目標を考える際には、常に「自分がやりたいことにチャレンジする」を意識していて、絶好調の時よりも、自分が停滞している時ほど、「本当にこれでいいのかな」と疑問を持つようにしています。その原因を克服する方法を考える方が、目標や目的を設定しやすいし、そこから逆算すれば、自分がやるべきことや適した環境を選びやすくなります。

[注]現在は全日本バレーボール高等学校選手権大会

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
五輪の切符を逃した大きな挫折
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント