コロナで外出避け買い物 ネットスーパーお得な使い方

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大により、ネットスーパーへの関心が高まっているようです。家にいながらにして食材などの買い物ができるネットスーパーは、使ったことがない人にとっては「聞いたことはあるけど、よく分からない」、使っている人にとっては「生活になくてはならない存在」と二極化しているのが現状です。筆者は後者にあたり、10年以上ネットスーパーで買い物をしています。今では習慣として「買い物に行く」ということがなくなりました。

今回はネットスーパーとはどういうものか、お得な利用法などをご紹介します。

従来のネット通販とネットスーパーの違い

従来のネット通販は、どこかの店舗や倉庫から全国に宅配業者を使って配送されるもので、基本的には利用者の居住地に制限はありません。一方のネットスーパーは、自宅近くのスーパーが自社便で直接届けるものになります。そのためネットスーパーを利用するには、イトーヨーカドーやイオン、西友などネットスーパーを手掛けている実店舗の対象エリア内に住んでいなくてはならないという条件があります。

ネットスーパーの最大の特徴は、スーパーに売っている食料品や日用雑貨を家に届けてもらえるということです。天候の悪い日や体調の悪い日でも買い物ができるという点や、重たい商品やかさばる商品を玄関前まで届けてもらえるという利点もあります。

配達のタイミングや在宅の必要は?

その日の利用者数にもよりますが、多くのネットスーパーはネットで注文してから最短3時間程度で届けられます。店舗によりますが、当日から数日後までの2~3時間の幅で配達時間を指定でき、予約枠の制限人数に達するまで受け付けています。ただしコロナ禍となってから利用者が増えたため、当日の枠は早くに埋まってしまう店舗も多くなっています。

イオンの「置き楽」では玄関先に置いた鍵付きのボックスに商品を入れてくれる

基本的には指定した時間帯に在宅して受け取るものですが、イオンの一部店舗においては「置き楽」というサービスがあります。不在時でも鍵付きのボックス(写真)に入れて置いていってくれるというものです。送料とは別に置き楽サービス利用料1回100円(税別)がかかりますが、通勤電車の中でスマホでオーダーし、帰宅したら家の前に食材が届いているというような利用も可能です。(入り口がオートロックのマンションなどでは利用できないこともあります)

商品価格、送料は?

ネットスーパーで買うことができる商品の価格は基本的にお店に並んでいる商品と同じです。送料については1回につき300円(税別)のところが多く、イオンとイトーヨーカドーのネットスーパーは現在は送料無料になる金額設定はありません。楽天西友ネットスーパーは一定額以上で送料無料としていますが、金額は非公表。ケース・バイ・ケースですが、現時点では1回の買い物金額が6000円以上というのが目安になりそうです。

ネットスーパーを利用する際は、計画的にまとめ買いをして回数を減らすことが送料の節約にもつながります。

時短にも有効

ネットスーパーの画面構成に慣れないうちは、「欲しいものを探しづらい」と思われるかもしれません。どこのネットスーパーも自分専用のリストを作ることができますので、リストを上手に使うことがネットスーパーをさらに時短に使うコツです。

毎回買うものや、調味料など定期的に買うものなどを分けてリストを作るのがおすすめです。また何か買う必要があるものができたタイミングで、次に買うものリストに入れておくと忘れずに買い物をすることができます。

買うタイミングでさらにお得

前述のとおり送料のことを考えると、ネットスーパーでもまとめ買いをし回数を減らすことが節約になります。また利用金額に応じてポイントがたまるサービスや、利用日によってポイントが倍になるなどのサービスを実施しているところもありますので、そういうタイミングでまとめ買いするのがおすすめ。自分が利用するネットスーパーの特徴を押さえておくことでさらにお得になります。

無駄な買い物を防げる

「ネットだと買いすぎてしまいそうで怖い」という声をときどき耳にしますが、ネットで買いすぎてしまう人はおそらく実店舗でも買いすぎてしまっていると思われます。

むしろネットスーパーのほうが無駄な買い物を防ぎやすいのです。実店舗のスーパーで常に計算しながらカゴに入れている人は少ないでしょうが、ネットでは合計金額が常に表示されています。また予算をオーバーした場合も、ネットスーパーであれば削除するだけでOK。商品棚に戻すような手間がなく、予算を守りやすくなっています。

在宅時にオーダーするのであれば、自宅の在庫を確認しながら買い物ができるのも利点です。無駄な買い物の一つに「家にあったのを忘れて買っちゃった」という、いわゆる「ダブリ買い」がありますが、ネットスーパーならばこうしたミスは防げます。

また、実店舗だと目についたものを予定外に買ってしまうという誘惑もありますが、ネットスーパーで必要なものを探して買うというスタイルを身につけておけば、その誘惑も少なくなります。

外出回数を少なくしたいこのご時世、上手にネットスーパーを利用してみてはいかがでしょうか。

矢野 きくの(やの・きくの)
家事アドバイザー・節約アドバイザー。明治大学卒。女性専門のキャリアコンサルタントを経て現職に。家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテレビ、雑誌、講演などで活動。著書:「シンプルライフの節約リスト」(講談社)他 オフィシャルサイト https://yanokikuno.jp