キユーピー20代営業職 対面・オンライン業務でメリハリ

日経doors

食品メーカー・キユーピーで働く野田朝子さん
食品メーカー・キユーピーで働く野田朝子さん
日経doors

食品メーカー・キユーピーで働く入社7年目の野田朝子さん。昨年4月の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を機に、約2カ月のフルリモート勤務を実施。昨年6月以降、オフィス勤務とテレワークを組み合わせた働き方をしています。主な顧客であるホテルや飲食店が苦境に置かれる中、営業活動の工夫をはじめ、オンライン・対面での仕事のメリハリについて話を聞きました。

週2、3回出社とテレワーク併用の勤務スタイル

私は入社以来キユーピー東京支店フードサービス営業2課で居酒屋、レストラン、ホテル向けなどの業務用商品の営業を担当しています。キユーピーは在宅勤務制度を2014年4月からテスト導入し、2016年7月から週2日を限度として本格スタート。コロナ禍となった現在は運用ルールを見直し、日数制限なく取得できるようになりました。

以前から、本社がある東京以外にも、東京都府中市の中河原工場敷地内の研修センター、営業所など、外出先での効率を重視した場所を問わない働き方には積極的に取り組んでいましたが、在宅勤務の働き方は定着していませんでした。会社として東京五輪中の混雑緩和に向けてテレワークのシステム構築を進めていたものの、コロナ禍対応により急ピッチで環境を整備。キユーピーグループの従業員は、契約社員、派遣社員も含めると約1万5000人。生産や受注のスタッフは出勤していたものの、移行直後は社内ネットワークの容量が不足し、ネット環境が安定しなかったことも……。当時、社内ネット環境へのアクセス集中を避けるため、時差出勤で対応した部署もありました。その後、ネット環境を強化し、容量が不足する問題は解消しています。

昨年6月以降は、所属する課でそれぞれシフトを組み、出社率を調整しています。私は現在週に2、3回オフィスに出勤し、その他の日はお客さまのところに直行直帰するか、在宅勤務をしています。今はずいぶんこの働き方に慣れましたが、テレワークが始まったばかりの昨年4月上旬はかなり戸惑いました。営業は、お客さまと会ってコミュニケーションをすることが大事。それなのに、外出せず家にずっといるという状況に、罪悪感を覚えたこともあります。

営業先のホテルや外食業界は大きな打撃を受けており、インバウンド需要がなくなったことでこれまでと同じ提案手法は通りません。個別の状況に配慮し、ニーズに寄り添いながら柔軟に対応していく必要があります。こんな状況でも何かやれることはあるはずと、気持ちを切り替えるようにしました。

自宅とオフィス、業務内容のメリハリ

昨年の緊急事態宣言中は顧客訪問ができなかったため、顧客の皆さんには電話やオンライン上で近況を聞くことから始めました。すると、あるホテルチェーンから「朝食ビュッフェを休止して、個食対応にする」という情報を得たので、これまで導入実績のなかった個包装の調味料などを提案し成約につながりました。また、ビュッフェの実施が難しくなったホテルへ向けて、ワンプレートメニューも提案。居酒屋チェーンへはテークアウトを検討するところも出てくると考え、自宅でメニューを試作して写真に撮り、メールに資料として添付しました。対面でなくても、何らかの形でコミュニケーションを取り続けていれば、新たな困りごとやニーズに対してキユーピーとして役に立てることがある。そう実感できる、いいきっかけになりました。

また、テレワークを取り入れた働き方を始めてから、効率を上げるために「自宅でできること」「会社でしかできないこと」を意識して分けるようにしました。例えば、商品の見積書や提案書の製作など、パソコンを使い一人で集中してできる業務は自宅ですることに。オフィスでする仕事は、主に顧客訪問の準備です。私が扱っている業務用商品は、重いものが多くて持ち歩くのが難しいので、社内にある専用キッチンを使って試作品作りや撮影を行っています。キユーピーにはタルタルソースや卵加工品など、マヨネーズ以外の商品がたくさんあり、プロのシェフでなくてもおいしく作れるように簡単なメニューを求められるケースも多いので、提案用の試作品作りも重要な仕事の一つです。

対面に限らず、ウェブで商談を行うケースも増えました。試食ができない代わりに今まであまり実施できていなかった調理オペレーションの提案を行ったり、研究開発メンバーにも商談に参加してもらったり、オンラインだからこそ深まる提案になるよう、メンバー同士で情報交換しながらよりよい営業方法を模索しています。テレビ会議やウェブ商談のときはいつも以上に積極的に発言し、流れをあらかじめ共有して全体像を把握。普段よりアクションが大きめになっていると思います(笑)。

野田さんによる試作品。使用頻度の高い食パンと身近な食材を使用し、店舗での食材ロス軽減にもつながる「サラぱん」(写真中・左)。ホテルにはワンプレートメニューを提案(写真右)
注目記事
次のページ
営業情報は、上司に電話で即共有