Chromecastがリモコン対応 ネット動画をテレビで堪能

日経PC21

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

アマゾン「プライムビデオ」などのネット動画を見ることが多い筆者。大画面テレビには、ネット動画をテレビに出力できる「Fire TV Stick(ファイアーTVスティック)4K」(以下、ファイアーTV)と「Chromecast(クロームキャスト)」を接続して使ってきた。前者はユーチューブやプライムビデオ、DAZN(ダゾーン)、アベマTV、ティーバーなどの視聴で、後者はパソコンやスマホの画面をテレビに表示する「キャスト」機能で主に活用してきた。

図1 筆者が所有する、テレビでネット動画を視聴可能にするデバイス3種(左)。従来の「Chromecast」(写真は第2世代)はパソコンやスマホから操作する必要があったが、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」はリモコンが付属する

そんななか、20年11月にクロームキャストの新製品が登場。「グーグルTV」機能が追加され、ファイアーTVと同じく単体でネット動画を再生できるようになったというので早速手に入れた(図1、図2)。

図2 従来のChromecastは、パソコンやスマホで操作したり、それらの画面を出力(キャスト)したりするデバイスだった。新製品は単体でも使えるようになり、Fire TV Stickと同様の使い勝手を実現している

従来機との大きな違いは、リモコンで操作できるホーム画面の存在(図3)。従来機はリモコンがなく、スマホかパソコンで操作する必要があった。また新製品は「アプリ」タブで必要なアプリを追加でき、プライムビデオをはじめ、ファイアーTVで利用していた動画サービスはほぼインストールできた。

図3 Chromecast with Google TVのホーム画面。リモコンの音声検索ボタンを押して作品名や人名を言うと、対応する動画サービスを横断検索できる。視聴履歴などに応じた「おすすめ」も、複数のサービスをまたがって表示される

リモコンのボタンで人工知能(AI)アシスタントを呼び出せるのは、ファイアーTVと同様。天気や予定の確認など、スマートスピーカー的な活用も可能だ。

特に便利なのは、番組名や俳優名で音声検索すると、複数の動画サービスを横断的に検索できること。ファイアーTVでも一部可能だが、クロームキャストのほうが対応サービスが多く、使い勝手も良い(図4、図5)。

図4 俳優の「大泉洋」を検索した例。簡単なプロフィールとともに、出演する動画がサービスをまたがって一覧表示される。サムネイルの下にサービス名が表示され、未契約のものは錠前のアイコンが付く
図5 作品を選ぶと、契約中のサービスなどですぐに見られる場合は「今すぐ見る」のボタンが表示される。ほかのサービスでも配信されている場合は、「観る方法は6通り」などと表示され、これを選ぶと該当するサービスが一覧表示される

従来機で重宝していたキャスト機能も健在。動画視聴とキャストの両方をかなえてくれるので、今後はクロームキャスト1本で事足りそうだ。

(ライター 青木恵美)

[日経PC21 2021年3月号掲載記事を再構成]

注目記事