powered by 大人のレストランガイド

立ち飲み限定のビールや割引 大衆酒場、ほていちゃん

巣鴨店の外観。「ほてい」の文字が強烈だ。最近の店舗は、このデザイン
巣鴨店の外観。「ほてい」の文字が強烈だ。最近の店舗は、このデザイン

「ふれあい酒場 ほていちゃん」という大衆酒場チェーンがある。現在、首都圏で10店ほど。立ち飲みの革命児と言われる「晩杯屋(ばんぱいや)」は今や40店規模になっているが、その次は「ほていちゃん」ではないかと噂される新興チェーンだ。目立つ外装、お得な酒、そしてつまみも良い。店が増えるのも分かる。

発祥は東京・上野。芝大門などのビジネス街はもちろん、浅草などの下町、池袋や吉祥寺、郊外の新小岩、千葉・柏にもある。その中で比較的新しい巣鴨店を訪れた。

道路から店内の様子が丸見え。巣鴨という場所柄か、女性客や家族連れもいる

「ほていちゃん」の魅力は、老舗系の大衆酒場をうまく、洗練させているところだ。かつての大衆酒場は、モツ煮を目玉に、焼き鳥や焼きトンをバリエーションとして入れて、昼から営業している。上野の有名店「大統領」が典型だ。「大統領」はもともと酒飲みオヤジ向けのディープな店だったが、酒場ブームの中でビジネスパーソンや女性が店を訪れるようになって、メディアが取り上げ、知名度を上げた。コロナ禍のいまでも、上野の店は常に満席だ。

「ほていちゃん」は、こうしたベタな大衆酒場と一味違う。

まず、酒が安い。店舗は立ち飲みとテーブル席が混在しているが、巣鴨店の場合、立ち飲み席限定で、合計金額の10%割引となる。いろいろな立ち飲みに行ったが、こうしたサービスは珍しい。そして老舗系の大衆酒場は、意外と安くない。

同じように、酒飲みオヤジのココロをくすぐってくれるのが、やはり立ち飲み限定で「サッポロラガービール」、いわゆる「赤星」の大瓶を410円(税込み)でサービスしてくれることだ。「赤星」は大衆酒場の定番と言える商品だが、通常は安くて500円台、多くは600円台半ばだ。この値段はそそられる。

「男は黙ってサッポロビール」ということでラガービール大瓶が410円と激安。ただし立ち飲み限定

しかも、立ち飲みカウンターで張ってあるポスターは、「男は黙ってサッポロビール」の故・三船敏郎がうまそうにビールを飲み干す画像が使われている。1970年に開始したキャンペーンの画像は、50代以上には、懐かしい絵だろう。サワー類も300円台中心だ。

ちなみに「赤星」は、10年ほど前からの酒場ブームに乗り、特に大きな販促をしなくても、年々出荷本数が伸びているそうだ。もちろん主力の「黒ラベル」と比べると、出荷本数は雲泥の差があるが、こうしたとがった商品を持っていた強みが生きたということだろう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド