ゴリラが新型コロナに感染 米動物園、大型類人猿で初

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

絶滅の危機にさらされているニシローランドゴリラ。以前から新型コロナウイルスの感染リスクが高いと指摘されていたが、2021年1月11日、米サンディエゴ動物園サファリパークで飼育されている3頭の感染が確認された(PHOTOGRAPH BY EDWIN GIESBERS, NATURE PICTURE LIBRARY)

米農務省は、2021年1月11日午後、カリフォルニア州のサンディエゴ動物園サファリパークのニシローランドゴリラ3頭が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。大型類人猿の感染が確認されたのはこれが初めてだ。

サンディエゴ動物園サファリパークの事務局長リサ・ピーターソン氏によれば、ゴリラたちは8頭の群れで暮らしており、感染した3頭は回復する見込みという。このまま群れで飼育し、健康状態のチェックを続けるという判断が下された。

「これから感染する個体もいれば、感染しない個体もいるでしょう」と、ピーターソン氏は前置きしたうえで、「彼らは1頭のシルバーバック(成熟したオス)が率いる群れで暮らしています。そのシルバーバックがリーダーです。彼が1日中群れを導き、全員が彼を頼りにしています。彼らのためにも、この暮らしを続けさせてあげるのが1番だと思います」と説明した。

ゴリラはトラ、ライオン、ミンク、ユキヒョウ、イヌ、ネコに続き、新型コロナウイルスへの自然感染が確認された7番目の動物だ。オランダとデンマークではミンクから人への感染が確認されているが、残りの種から人に感染するという証拠はない。

ピーターソン氏によれば、20年4月に感染が確認された米ブロンクス動物園のライオンやトラと同様、3頭のゴリラは無症状の職員から感染したと推測される。サンディエゴ動物園では、毎日問診票で職員の健康状態をチェックする、動物と直接触れ合う職員は全身防護服を着用するなど、厳格な感染予防策を講じているとピーターソン氏は説明する。

21年1月6日に、感染した3頭のうち2頭がせき込み始めたため、動物園の職員はゴリラたちの便を採取し、カリフォルニア動物衛生・食品安全研究所に送った。検査の結果、研究所と米農務省の国立獣医学研究所が11日に感染を確認した。

動物園は3頭の名前を公表していないが、11日時点では、3頭ともに症状を示していた。「3頭とも少し元気がありませんが、水分と食事はしっかり取っています」とピーターソン氏は話している。

注目記事