powered by 大人のレストランガイド

ミシュランガイド東京2021 環境配慮の新基準には6店

昨年12月、オンラインで開催された『ミシュランガイド東京 2021』の発表会。左が日本ミシュランタイヤ社長ポール・ペリニオさん
昨年12月、オンラインで開催された『ミシュランガイド東京 2021』の発表会。左が日本ミシュランタイヤ社長ポール・ペリニオさん

2020年12月、グルメガイド『ミシュランガイド東京 2021』の掲載店が発表された。同ガイドには、日本のミシュランガイドで初めて中国料理の三つ星店が登場するなど、コロナ禍でも話題を呼ぶ内容が盛り込まれていた。「グルメクラブ」として注目したいのは、昨年紹介した2店が、新しくビブグルマンの評価を得たこと。ビブグルマンとは、東京や京都・大阪では6000円以下、そのほかの地方では5000円以下で楽しめる、良質な食材で丁寧に仕上げた料理を出す飲食店に与えられる評価だ。

新しくビブグルマンとなったのは、東京・赤坂のイタリア料理店「アニコ」(「山海のおいしさいいとこ取り 知られざる伊マルケ料理」参照)。中部イタリアのマルケ州の料理を看板とするレストランだ。現地のミシュラン二つ星店で修業したシェフの井関誠さんが腕を振るう。マルケの名物料理、「ヴィンチスグラッシ」と呼ばれるこの地方独特のラザニアは、ワインとの相性が最高にいいパスタ料理。井関さんのアイデアで、チーズの羽根が付いた料理に仕上げてあり、食欲をそそる一品だ。

アニコの「ヴィンチスグラッシ」(1700円・税別)。チーズの羽根付き!

もう1店は、東京・渋谷区のカレー専門店「ポークビンダルー食べる副大統領」(「メニューはまろやかな酸味のカレー 謎の店名の専門店」参照)。謎かけのような店名だが、ポークビンダルーとは、南インド・ゴア州の酸味が特徴の豚カレーのこと。「副大統領」というのは、米クリントン政権で副大統領を務めたゴア氏のことで、つまりはダジャレ。メニューは1種類のみだが4種のユニークな自家製調味料も置かれ、手の込んだ内容。カレーは税込み1000円ポッキリで、テークアウトも可能だ。

ポークビンダルー食べる副大統領のカレー。紫キャベツ、赤や黄色のパプリカなど約10種の野菜を使ったサラダ(写真手前)やアチャール(インド風漬物)などを盛って提供

さらに、「グルメクラブ」で紹介した東京・広尾の「ビストロ ネモ」(「『ずらし』で昼下がりのビストロ楽しむ 東京・広尾

参照)のグループ店、西麻布のフランス料理店「レフェルヴェソンス」が二つ星から三つ星に昇格した。三つ星レストランともなると価格帯的に敷居が高いが、昨年オープンした「ビストロ ネモ」は普段使いもしやすい価格で牛肉の赤ワイン煮など、丁寧に仕上げたクラシックなフランス料理を出す。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド