仕事に役立つ学び 個人仕様にカスタマイズする時代へエグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

ウェビナーは学びの手法として定着しつつある(写真はイメージ) =PIXTA
ウェビナーは学びの手法として定着しつつある(写真はイメージ) =PIXTA

新しい年が始まりました。皆さんは今後どんなキャリアビジョンを描き、その実現のために、今年、どのような行動を起こそうと考えているでしょうか。「転職する」「副業を始める」、あるいは「新しい知識・スキルを身に付けよう」と決意している人もいるのではないでしょうか。

今回は「ビジネススキルアップ」の最新トレンドをテーマにお話しします。しばらく前までは、ビジネスパーソンが勤め先で受ける研修とは別に、独自にビジネススキルアップを図ろうとすると、勉強会やセミナーに参加したり、ビジネススクールに通ったりするのが一般的でした。

しかし、新型コロナウイルス禍によってあらゆる活動がオンラインにシフトした現在、「ウェビナー」とも呼ばれるウェブ上でのセミナーが増えています。在宅勤務となった人たちは、通勤時間が削減された結果、時間に余裕ができました。また、会場まで足を運ぶ必要がなく、自宅からアクセスできる手軽さから、ウェビナーで学ぶ人が増えています。

ビジネススキルアップの手段は「オンライン」へシフト

今後、5Gの普及やデジタルテクノロジーの進化に伴い、オンライン学習がさらに広がっていくのは間違いないでしょう。そして、学習のスタイルは、これまでのような集団学習・集合研修から「個人学習」へと、パーソナライズ化が進んでいくと予測できます。

新たなビジネススキルトレーニングのスタイルとして、私が注目しているのは「マイクロラーニング」です。これは1回あたり5~10分程度の動画や、細分化された「マイクロコンテンツ」を活用して行う学習を指します。

これまではセミナー会場に受講者が集まり、講師による講義を数時間かけて聞く形式が主流でした。一方、マイクロラーニングでは業務の合い間や移動中といったすきま時間に、スマートフォンやタブレットなどで学ぶことができます。この学習スタイルが今後、広がっていくことでしょう。

次のページ
インタラクティブなスキルトレーニング・サービスが登場