powered by 大人のレストランガイド
「臥龍」「蒼龍」など各メニューには店主の名前の1文字「龍」が織り込まれている

基本メニューは、券売機左上の「臥龍(醤油)」。スープを構成する素材は、鶏ガラ・豚背ガラ・丸鶏・鰹(カツオ)・煮干し・昆布等。手間ひまを惜しまず、「素材の持ち味を最大限生かし切るため、素材ごとに別々の寸胴で出汁を採った後、それらを合わせてスープを作る」。加えて、「丸鶏の出汁は、芳醇な風味と奥深いうま味を生み出すべく、一晩寝かせるようにしています」とか。

そのような工程を経て作られたスープは、梨本店主が仰るとおり、確かに、天然素材の魅力を余すところなく引き出し、丸みのある味わいが印象的である。

序盤は、鶏・豚の豊潤なコクが先行するが、食べ進め、スープ温が低下するにつれて徐々に浮かび上がる鰹・煮干しの和風味。うま味の主役が刻々と変遷するスープにはストーリー性があり、最後まで食べ飽きることがない。

丸鶏の出汁は、芳醇な風味と奥深いうま味を生み出すべく、一晩寝かせている

このスープに合わせる麺は、スープとの相性を考え抜き、大田区の『東京製麺』から取り寄せたもの。細麺は小麦粉「春よ恋」を100%使ったもので、手揉み麺は、福島県喜多方市出身の製麺所の工場長がこだわり抜いて開発した逸品。

手揉み麺は、メリハリ豊かな食感を演出すべく、注文を受ける度、店主自ら手揉みを施した上で提供される。瑞々(みずみず)しさのある多加水麺は、まるでスープの一部と化したかのようになじみ、抵抗なく食道へと流し込める。手揉みがもたらす食感の心地良さに、麺を啜る醍醐味を改めて実感させられた。

食べ終わり、店を出る頃には「近々『蒼龍(塩)』を食べに再訪しよう」と、次回の訪問の算段まで立てる自分がいた。遠からぬ将来、間違いなく人気店になるはず。そんな確信を抱かせてくれた新進気鋭店の一つだ。

(ラーメン官僚 田中一明)

田中一明
1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。大学在学中の1995年から、本格的な食べ歩きを開始。現在までに食べたラーメンの杯数は1万4000を超える。全国各地のラーメン事情に精通。ライフワークは隠れた名店の発掘。中央官庁に勤務している。
メールマガジン登録
大人のレストランガイド