powered by 大人のレストランガイド
後追いで来る複雑な辛さがたまらない四川マーボー豆腐

「マカオやシンガポールなどアジアの都市では流行っているものの、まだ東京には少ない中華バルを丸の内に作りたいとオープンしました。本格中華をつまみに気軽にお酒を楽しめる新業態です」(総責任者の森田法義さん)

隣の「YOTTERIA GAKU(ヨッテリア ガク)」へ。アジアから一転、ヨーロッパに飛んできたようだ。イタリアの中部地方マルケ州で修業を積んだ、オーナーシェフの小林岳さんの料理をイタリア全20州のワインと味わえるトラットリア(イタリア語で大衆食堂)だ。大阪で長らく営業していた人気店だったが、丸の内テラスの開業に合わせ移転。まだオープンから間もないが、大阪時代のファンや「以前大阪で食べて、今回の東京進出を聞いて来た」という客がすでに訪れているという。

小林岳シェフの自家製パスタと豚肉料理をイタリア全州のワインと

小林シェフは豚肉が得意で「自家製ソーセージ」や銘柄豚のロースト、豚肉の希少部位のグリルなどがメニューに並ぶ。ディナーのみ注文できる「イベリコ豚 ホホ肉のラグーソース 自家製タリアテッレ」(1600円、税別)をいただいた。もちもちの自家製パスタに濃厚なラグー(肉を煮込んだソース)がたっぷりからみ、深いおいしさに感激。この日、筆者はすでに結構食べており、まだ続けて食べなければいけないのにフォークを運ぶ手が止まらない。イタリアの風景画が飾られた優雅な店内も居心地が良い。これは女性が大好きな店だろう。

「店名のヨッテリアは、トラットリアに『寄ってみて』『酔っ払って』をもじった造語です。格式張ったスタイルでなく『丸の内のイタリア食堂』の感覚で、料理とワインを楽しんでいただけたらうれしいです」(小林さん)

フランス・パリを代表する有名レストランの一つ「タイユヴァン」も、老舗名店のサービスやクオリティーを気軽に楽しめるカジュアルダイニングとしてお目見えしている。ワインとそれに合わせたビストロ・ブラッスリー料理が味わえる「ESPRIT de TAILLEVENT(エスプリ・ド・タイユヴァン)」だ。こちらは、当欄で詳説しているので、「老舗の味とワイン手軽に 丸の内テラス・タイユヴァン」をお読みいただきたい。

本場のスペインバルを丸の内で「バル ポルティージョデ エスパーニャ」

5店目は、本格的なパエリアやタパス(小皿料理)とワインを提供するスペイン料理店「バル ポルティージョ デ エスパーニャ」だ。「スペインバルは都内にたくさんありますが、タパス発祥の地で、スペイン最古のバルがあるアンダルシア地方に行って研究し、現地のバルを再現したのが当店です」(マネージャーの幸地ディエゴ エドアルドさん)

店名の「ポルティージョ」とはスペイン語で扉や入り口の意味。ドアを開ければそこはスペイン、という店づくりを目指したそうだが、土色の壁に高い天井、壁の一面にワインボトルが飾られた様は圧巻で、スペイン現地で飲むとこんな気持ちになるのかな、とイメージが浮かぶ。雰囲気だけでなく味も自慢で、代官山や銀座、中目黒にある系列店ではミシュランガイドのビブグルマンを5年連続で獲得している店もあり、同じメニューをここでも食べられる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド