アウトドアで食事? 取り違えやすいunder the weatherデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(83)weather

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「天気」という意味の weather を使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

今日はチームでの食事会が行われます。異動してきたユウカの歓迎会も兼ねてとのことで、もちろんユウカも参加することに。幹事のケビンからも最終確認をされたので、行く旨を伝えたところ、開催場所がわかるかどうかを尋ねました。何かと頼りになるジェシカと一緒に行こうと思っていたのですが、ケビンのひと言をきっかけに会話は思わぬ方向へ……。

それはこんな会話でした。

Kevin: You're coming to the dinner party tonight, right?
Yuka: Yes, of course.
Kevin: It's doubling as your welcome party, so you have to be there!
Yuka: Thank you.
Kevin: Do you know how to get there?
Yuka: Yes, I think so. I'm going with Jessica, so hopefully she knows the way.
Kevin: Ah, she can't come today.
Yuka: Oh, really?
Kevin: She said that she's been under the weather recently.
Yuka: Are we having a BBQ or something like that today?
Kevin: No, it's a regular restaurant.
Yuka: I see. Then the weather doesn't really matter, does it…
Kevin: Maybe you can come with us!

日本語に置き換えると次のようになります。

ケビン:今晩の食事会は来られるよね。
ユウカ:ええ、もちろん。
ケビン:君の歓迎会も兼ねているから、必ず来てね。
ユウカ:ありがとう。
ケビン:場所はわかるかな?
ユウカ:ええ、多分。わからなくてもジェシカと行くわ。
ケビン:実は、ジェシカは来られないんだ今日。
ユウカ:そうなの?
ケビン:最近体調が優れないらしくて。
ユウカ:あれ? 今日は、バーベキューか何かなの?
ケビン:いや、レストランだよ。
ユウカ:じゃあ天気は関係ないわよね……。
ケビン:関係ないよ。じゃあ、僕らと一緒に行こう。

上記の会話は、今夜の食事会について、ケビンが主役でもあるユウカに最終確認を取っているところです。場所に詳しそうなジェシカと行こうと思っていることをケビンに伝えると、ケビンはちょっとけげんな顔をしました。その理由についてユウカに伝えるのですが、ユウカは天気の話を始めてしまいます。いったい何が起きたのでしょうか?