2021/1/21

【顔のゆがみが気になる人に】耳の前の聴宮を押して口を大きく開くと…

また、顎(がく)関節症や顔のゆがみに悩む人のためのポーズもある。「1日15回ほど、毎日続けることでもっと変化を感じられるはず。大きく口が開かない、顔のゆがみが気になっているという人は、ぜひ試してみて」(高村さん)。

Before(左)あごの関節が硬いみたい?After(右)大きくラクに開いて驚き~!

【刺激するのはこのツボ!】聴宮(ちょうきゅう)

口を軽く開けたとき、あごの関節と、耳の前にある出っ張りの間にできるくぼみ。耳鳴りを和らげるツボともいわれる。指先を垂直に立てて押そう。

顎関節のツボを刺激すれば口が大きく開く!

「口を大きく開けられない人にお薦めのポーズ。押しながら口の開閉を1日15回、毎日続けることで左右のバランスが整っていき、顔のゆがみの改善も期待できる」と高村さん。顎関節症の人は無理は禁物。痛みがないときに注意して行って。

高村マサさん
ルーラル鍼灸整骨院 院長。ルーラルヨガスタジオ(千葉県印旛郡酒々井町)オーナー。鍼灸・あん摩・マッサージ指圧師、柔道整復師(接骨師)。2008年にルーラル鍼灸整骨院を開院。複数のヨガの指導者資格を有し、東洋医学にヨガ、食事療法などを融合した指導を行う。https://yogakaibougaku.com/

(取材・文 オカモトノブコ/日経ヘルス編集部、写真 鈴木 宏、スタイリング 椎野糸子、ヘア&メイク 木下 優=ロッセット、モデル ソギョン、イラスト 三弓素青)

[日経ヘルス 2020年12月号の記事を再構成]

  • 著者 : 高村 マサ
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,650円(税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon 楽天ブックス