プロ愛用ブランドのマイク「Yeti」 TV会議で音クリア

Blue Microphonesの高音質USBマイク「Yeti」

オフィスを離れ、自宅などでテレワークができる環境を整えることはできたが、テレビ会議の品質向上が追いつかないという悩みを周囲から聞くことがある。ミーティングの相手から「声が聞こえにくい」「映像が見づらい」など指摘を受ける場合があるのだという。

筆者も自宅からテレビ会議に参加するための環境を少しずつアップグレードしている。中でも大きな効果を上げたのが高音質USBマイクの導入だ。音声を明瞭に伝えられるため、相手も聞き疲れすることなく、会議に参加してもらえている。テレワークに慣れている人からは、音声が気持ちよく聞けると感想をもらえることもあり、好印象を獲得できているようだ。

今回は筆者が使っている米国のマイクロホンメーカー、Blue Microphones(以下、Blue)の「Yeti(イエティ)」というUSBマイク(参考価格、税込み1万8810円)をレビューする。

音がいい・設定が簡単・PC/iPhoneでも使える

Blueはスティングをはじめ、ワールドクラスの音楽のプロたちがレコーディングにも愛用するマイクを手がけるブランドだ。YetiはPCにUSBケーブルで接続して、音楽作品の録音やYouTubeなど動画配信の音声収録などにも使えるスタジオグレードの本格派USBマイクである。

本体にはブランドのレトロなロゴが配置されている

筆者は同業のライター仲間からオンライン通話の音質改善に最適なマイクとしてYetiを薦められた。試してみたところ、音質の良さだけでなく、設置・設定がとても簡単にできることや、MacだけでなくiPhone/iPadでも使えたことから、仕事用ツールとして購入を決めた。

YetiはBlueが独自に開発した14ミリメートルのコンデンサーカプセルを3基内蔵するマイクだ。一般にコンデンサー方式のマイクは、レコーディングスタジオなど据え置きでの設置に向いている。ミュージシャンがライブなどで手に持って使う、耐衝撃性能にも優れるダイナミック方式のマイクよりも感度が高く、解像度にも富む音質の良さが特長だと言われている。

マイクの感度(ゲイン)を背面のダイヤルで調整。操作はすべて本体に搭載するスイッチで行える

筆者はYetiの音声を初めて体験したときに、会話の相手が目の前で話しているようなクリアな音質に驚いた。PCの内蔵スピーカーだとその音質の高さが分かりにくいかもしれないが、ヘッドホンやイヤホンを使って聞くと違いがはっきり分かると思う。

500ミリリットルのペットボトルとサイズを比較。アルミニウム素材をメインにした本体の質量は約1.55キログラム

デスクに置いてPCにUSBケーブルで接続。設定は簡単

YetiとPCの接続・設定はとにかく簡単だ。本稿執筆時点でYetiはWindowsが7/8.1/10、MacはmacOS 10.10以降のプラットフォームに対応している。最新のアップル独自開発によるM1チップを搭載するMacBook AirとmacOS 11による組み合わせでも使うことができた。

筆者は普段最新のMacBook Airを使っているので、macOSの場合の設定方法を簡単に説明する。Yetiをケーブルで接続してシステム環境設定を開き「サウンド」を選択。入力/出力にYetiをそれぞれ選ぶ。出力音量は100%に設定しておく。これだけでSkypeやZoomなどのテレビ会議や、GarageBand、iMovieといった音楽・動画制作のアプリケーションの音声伝送にYetiが使えるようになる。

MacBook AirにUSBケーブルで接続。マイクにはモニタリング用のイヤホンを接続している
macOSの場合はシステム環境設定の「サウンド」パネルから音声の入出力先としてYetiを選択する

Yetiは高級感のあるアルミニウムボディーを採用している。スタンドが一体になっているので、購入後すぐに使い始められる。重さは約1.55キログラムとそれなりにあるが、デスクに置いてぐらつかない安定感がよい。Blueのブランドロゴを配置した側がマイクの正面だ。Yetiはサイドアドレス型と呼ばれる、先端側ではなく側面方向から音をピックアップするマイクなので、先端を上に向けた状態で使うと音をよりクリアに収録できる。マイクのゲイン(感度)とイヤホン出力のボリュームは本体のダイヤルから操作できる。

本体の底面に有線ヘッドホン・イヤホンを接続するためのジャックが設けられている

Yetiは底面にヘッドホン出力端子を装備している。有線接続のヘッドホンやイヤホンをつなげば、マイクが拾っているユーザーの声だけでなく、ビデオ会議の音声、さらにはマイク周辺の環境音までクリアに聞こえてくる。ぜひ活用しほしい。

次のページ
マイクの集音指向特性を4つのパターンから変えられる
MONO TRENDY連載記事一覧