2021/1/21

CARUSO(カルーゾ)

コーデュロイのカントリー感と足元をリンクさせると吉

カルーゾを代表する「アイーダ」モデルを細畝の上質なコーデュロイで仕立てた一着。深めのVゾーンやローゴージの幅広ラペルなどがクラシックな趣きだが、程よくゆとりを持たせた美しいシルエットによりしっかりモダンさを感じさせるのがさすがだ。ビジネスからカジュアルまで幅広く使え、靴選びにも比較的悩まないセットアップといえるが、コーデュロイの素朴なカントリーテイストと足元をリンクさせたいなら1や2のような靴を合わせるのが最善。足元で抜け感を醸したいなら4のスリッポンや5の白スニーカーも面白いだろう。16万3000円(シップス 銀座店)

ニット1万3000円/エディフィス(エディフィス 新宿)

靴との相性

LA FAVOLA(ラ ファーボラ)

個性の強いデザインはシンプルなスニーカーで流す

低い位置に配された胸ポケットやドロップなしのゆったりしたシルエットなど、かなり特徴あるデザインのセットアップ。2プリーツを入れたパンツもテーパードのない直線シルエットで、モードなテイストも薫る。こういう個性的なセットアップは、足元を4や5のようなシンプルでクセのないデザインのスニーカーと合わせるとすっきり洗練された着こなしに。もう少し大人っぽい方向で仕上げたいのなら、2のUチップや3のプレーントウデザインのスニーカーも都会的にきまる。生地はウール50%+ポリエステル50%。ジャケット6万9000円、パンツ4万3000円(ラ ファーボラ)

ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) シャツ1万5000円/エディフィス(エディフィス 新宿)

靴との相性

THE GIGI(ザ ジジ)

程よくボリュームある靴でメリハリをつけるとキマる

ザ ジジの定番ジャケット「ジギー」に、同素材のワイドテーパードパンツを合わせた変化球なセットアップ。8ボタンのダブルブレストデザインといい、硬派な生地感を醸し出すポリエステルツイルといい、どこかミリタリーユニフォーム的な男っぽさを感じさせつつ、着用するとエレガントに決まるのがさすがだ。これも個性的なデザインのため足元は4や5のスニーカーでシンプルにまとめるのが無難だが、2のようなボリュームのあるUチップシューズもこのセットアップの個性を受け止めてバランス良く決まるだろう。ジャケット7万9000円、パンツ2万9000円(アマン)

ニット1万2000円/エディフィス(エディフィス 新宿) Tシャツ1万9000円/フェデリ(トレメッツォ)

靴との相性

※表示価格は税抜きです。

撮影=黒沼 諭(aosora)、若林武志、伏見早織、武蔵俊介、長尾真志、恩田拓治 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=馬場拓也(SEPT) 構成・文=小曽根広光 文=安岡将文、吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、伊澤一臣、柳澤 哲 撮影協力=バックグラウンドファクトリー、EASE

MEN'S EX

[MEN’S EX 2021年1.2&3月合併号の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.