コロナ下の花粉症対策 重症者向け新薬ゾレアの効果はウィズコロナ時代の花粉症対策(下)

花粉症の重症患者向けの注射治療の新薬「ゾレア」の気になる効果は? 写真はイメージ=PIXTA
花粉症の重症患者向けの注射治療の新薬「ゾレア」の気になる効果は? 写真はイメージ=PIXTA
日経Gooday(グッデイ)

花粉症の症状によって起きやすい、くしゃみをする、目をこする、といった動作は、新型コロナウイルス感染症の拡大につながりかねない。そうしたことを防ぐためにも、2021年はこれまで以上に徹底した花粉症対策が求められる。そんな今シーズン、花粉症の重症患者向け注射治療の新薬「ゾレア」がいよいよ本格普及する。どんな人に使えるのか。気になる効果や手順は? ゾレアの基礎知識とともに、重症度別の花粉対策のポイントや花粉症のオンライン診療事情について紹介する。

自分に合った適切な薬を選ぶことが花粉症治療のコツ

前回記事(「コロナ広げる?花粉症 今季は強力な対策『助っ人』も」)で紹介した通り、花粉症の症状をもたらす体内のIgE抗体をターゲットとした、重症患者向けの抗IgE抗体医薬「ゾレア」(一般名:オマリズマブ)の登場で花粉症治療の武器がそろった。日本医科大学大学院の大久保公裕教授は「大切なのは、自分の症状の程度や、仕事、生活習慣などを医師と分析し、適切な治療戦略を練ること」と話す。

【軽症の人は】市販薬でコントロールできることも

花粉症の治療薬には薬局などで購入できる薬もあり、近年、第2世代の抗ヒスタミン薬のなかでも長く使われ、有効性と安全性が確かめられたものはスイッチOTC(処方薬から市販薬に切り替わったもの)として市販されている。

例えば、薬剤師のいる薬局で対面販売に限って購入できる(通販不可)「要指導医薬品」として、ステロイド鼻噴霧薬のフルチカゾンプロピオン酸エステル(商品名:フルナーゼ点鼻薬)がある。通販が可能な「一般用医薬品」としては、ロラタジン(商品名:クラリチンEX、第1類医薬品)やフェキソフェナジン塩酸塩(商品名:アレグラFXなど)、エピナスチン塩酸塩(商品名:アレジオン20など)など(いずれも第2類医薬品)がよく知られている。「症状が出たときだけ飲みたい」という比較的軽症の人は薬局で買える薬でコントロールしてもいいだろう。

【市販薬では効果に満足できないときは】つらい症状が残るようなら医療機関に相談を

市販薬では効果に満足ができない場合は、医療機関で相談したい。医師は、血液を採取し花粉症の原因物質を探るアレルゲン検査で原因がスギ花粉なのか、ヒノキ花粉か、あるいはハウスダストかなどを明らかにした上で、患者の鼻腔粘膜や目の結膜などの状態を総合的に判断して治療法を提案する。

現在、治療の基礎となるのは第2世代の抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの飲み薬だ。こうした薬は症状が少し出たタイミングで飲み始めると症状が軽くなるといわれる(このような予防治療を「初期療法」と呼ぶ)。もちろん、初期療法などを行っても、花粉の飛散量が多く、症状が出てしまったときは、薬の種類を変更し自分に合った薬を探ることも大切だ。

なお、医療用医薬品では、より効果が強く、副作用としての眠気が少ない抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬の新薬が登場し、治療の選択肢が増えている。

例えば、2016年に登場したデスロラタジン(商品名「デザレックス」)は副作用としての眠気がより少ないもので、自動車の運転などをする人に向いている。また、エメダスチンフマル酸塩貼付薬(商品名「アレサガテープ」)は、効果も眠気も強い成分を皮膚から徐々に吸収する貼り薬にすることで、効果が持続し眠気も少ない医薬品として開発された。また、鼻づまりの強い患者のためには、抗ヒスタミン薬に鼻づまりを軽減する成分を配合したものもある。それぞれ効果に個人差があるのでじっくり自分に合った薬を探すことが重要だ。

また、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が心配で医療機関にできるだけ足を運びたくないという人は、オンライン診療を利用するのも一策だ(オンライン診療については次ページ下のコラムを参照ください)。

次のページ
従来薬で改善しなければ「ゾレア」を検討
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント