有森裕子 リアルのマラソン大会は開催されるのが奇跡

日経Gooday

コロナ禍で開催された奈良マラソンでは、感染予防のためのさまざまな工夫が見られました。
コロナ禍で開催された奈良マラソンでは、感染予防のためのさまざまな工夫が見られました。
日経Gooday(グッデイ)

明けましておめでとうございます。例年とは勝手が違う年明けになりましたが、皆さんゆっくり休まれたでしょうか。1日も早く健康で安心して暮らせる日々が戻ることを祈っております。首都圏や関西など11都府県に緊急事態宣言が再び発出され、油断できない日々が続きますが、引き続き健康に気をつけて過ごしていきましょう。

オンライン大会に参加したことで「歩く」が習慣に!

2020年は新型コロナウイルスで、東京五輪も含め、多くのマラソン大会やランニングイベントが延期・中止になりました。一方で、オンラインで参加できるマラソン大会が開催されるなど、新たなランニングの楽しみ方が登場しました。私が理事長を務める「スペシャルオリンピックス日本」[注1]でも、2020年10月からオンラインマラソン「スペシャルオリンピックス日本 オンラインマラソン2020」[注2]を開催(詳しくは「有森裕子 実況付きで『オンラインマラソン』は楽しい」)。おかげさまで多くの方に参加いただき、おのおのが生活されている地域でランニングやウオーキングを楽しんでいただけたようです。参加者が走ったり歩いたりした合計距離は早々に日本1周を達成し、最終的には24万7222kmに到達したところで、約2カ月間のイベントを終えました。

私もこの取り組みのおかげで、今まで以上に歩く習慣が身につきました。時間があれば目的地までの距離を調べて歩くようになり、東京・西新橋から阿佐ヶ谷まで約16kmの道のりを約6時間かけて歩いたりもしました。途中でいろいろ寄り道をしながらでしたが、このときの合計歩数は2万1200歩を超えました。オンラインマラソンは初めての試みでしたが、今後も定期的に開催してもいいかなと思ったぐらい楽しいイベントでした。

参加者を限って開催した「奈良マラソン」ではどんな工夫が?

一方で、手探り状態の中ではありますが、リアルの大会も少しずつ再開しています。その1つが、私が毎年12月に参加している「奈良マラソン」です。2020年は、参加者がフルマラソン、ハーフマラソン、10kmを思い思いのコースで走ってタイムを測定する「奈良マラソンONLINE 2020」を開催し、それとは別に、12月12日、13日に「奈良マラソン KONOIKE 2020」というリアルな大会が開催されました。

1日目の12日は、「10分の1奈良マラソン」と称したオリジナル種目で、毎年走る奈良の町ではなく、奈良電力鴻ノ池パーク内の特設コース・約4.2kmを50分以内で完走するというものです。普段ならフルマラソンに1万2000人ほどが参加する規模の大会ですが、コロナ対策として定員を500人に限定し、1時間ごとに100人ずつの入れ替え制で、5回に分けてスタートしました。

ソーシャルディスタンスを確保するため、スタートも一斉ではなく、5人1列ずつ、数秒おきに距離を空けて走り始めます。もちろん事前の体調確認や検温を行い、スタート直前までマスクを装着し、ゴール後の集合はなくその場で解散するというルールも徹底していました。また、タイムは計測せず、純粋に走ることを楽しんでもらう大会にしたことで、ランナー間の距離も適度に保たれていました。

[注1]スペシャルオリンピックス日本:知的障がいのある人たちに、さまざまなスポーツトレーニングとその成果発表の場である競技会を提供する国際組織「スペシャルオリンピックス」の、日本国内での活動を推進する非営利組織。

[注2]知的障がいのある人もない人も関係なく、期間中に参加者全員の走った、もしくは歩いた総距離で日本を1周し、その後は世界1周を目指したオンラインイベント。2020年10月から12月中旬まで開催された。

次のページ
リアル大会の開催は関係する人たちの全面協力が必須
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント